ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第3話「塀の中のギャングに会え」 感想 - こう観やがってます
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第3話「塀の中のギャングに会え」 感想 

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風

一番『大切』な事は、『信頼』
いいこと言うよねぇ、ジョジョの敵キャラって。
ジョルノはブチャラティ達から信頼されて行くわけだから、皮肉っちゃ皮肉。
ってこれ来週の感想か?



試験


こんな就活怖い。
看守が銃持ってんだもん(作者取材に行ったんだっけ?
でも女性の看守って結構もえる。
堅さを象徴するコスチュームって記号としての価値が高いんよね。
軍服でもえるのと同じ理論。

ライターの試験だったわけだけど、ナランチャとかは確か別の試験だったんよな。
要はスタンド使いになれれば良いわけだから、信頼云々は関係ないわけだ。
言ってる事とやってる事は違うとはよく言ったものだ。

ポルポさんはほんと名言の宝庫。
大半は建前ではあるんだが、新人はこれでやる気を出すだろう。
そういう意味では非常に有能な上司であると言える(多分


康一くん……ッ!


気持ち的には露伴先生の感じ。
爆破される直前の「康一くん」

ジョルノからすれば衝撃的な遭遇だろう。
偶然の再会から、まさか部屋にまで。
ここまで来ると部屋へ行く過程でカフェで出会ったと見るべきか。

でも普通の神経なら火は消さないと思う。
パンに刺さったガスライター、その周囲を囲っているもの、あの絵は一種の宗教に見える。


ブラックサバス


再点火でスタンドが。
当然ポルポのスタンドと見るべきだろう。
だろうっていうかそうなんだけど(唐突なネタバレ

ともかくこの時点では正体が分からない。
その分からなさがジョジョの醍醐味で、見せ方も上手かった。
ミステリアスかつホラー的な空気、それこそが荒木飛呂彦の世界。
でも演出(その場しのぎのハッタリ)だけで指食べちゃダメですよ。






Category: ジョジョの奇妙な冒険_黄金の風

Thread: ジョジョの奇妙な冒険

Janre: アニメ・コミック

tb 1 : cm 2   

コメント

確かに信頼云々は関係ないと思わせつつ、多分スタンド能力を得ないで組織の一員になった『涙目のルカ』さんがいるじゃないですか!!
彼は本当に試練を乗り越えたんですよ、多分!
スタンド出してる部分を見ないだけで、能力あったかもですが。

#- | URL | 2018/10/21 03:06 [edit]

Re: タイトルなし

>多分スタンド能力を得ないで組織の一員になった『涙目のルカ』さんがいるじゃないですか!!

あー確かに。
ルカもああ見えて『凄味』があるのでポルポの試験はやはりけっこー良いのかもね。
選抜的な意味で。

よくよく考えてみるとスタンド使いだったとしても同じ死因になってたかも。

ルイ #- | URL | 2018/10/21 08:39 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7369-17bac5e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 BS11(10/19)#03

Episodio 03 塀の中のギャングに会えジョルノは子供に麻薬を与えるギャングなど許せない。だからトップになってギャングスターになる。俺には夢がある。 ブチャラティたちの組織に入ると知って手筈を整えてくれる。ジョルノがブチャラティを信じたので、返答としての唯一の協力だった。組織内で失敗しても何が有っても知らない。ジョルノに興味を持った様子。 先ずギャングになるには面接...

ぬるーくまったりと 3rd | 2018/10/21 03:30