プラネット・ウィズ 第10話「カレルレンとラシャヴェラク」 ネタバレ感想 - こう観やがってます
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

プラネット・ウィズ 第10話「カレルレンとラシャヴェラク」 ネタバレ感想 



重要なのは勝利ではなく、ちゃんと勝つこと。
ちゃんと負けること。



勝とうと思えば……


封印派は勝とうと思えば、手段を選ばなければ勝てたんじゃないかな。
少なくとも、本来なら回復を待つ必要はないわけで。
シャアがνガンダムに乗ったアムロと戦ったような感じ。
まあ逆シャアの場合、こいつらのせいで大勢死んでるわけだけどね。

閣下が勝とうとしていたかどうかも今となって定かではない。
手は抜いてないだろうけど、宗矢であったり先生が力を発揮できるステージを用意しているという時点で目的は過程にあるように感じた。
正々堂々と、言い訳できないフィールドで戦うことが望みだったんじゃあなイカ?


実は強いぞ白石さん


ただの年増園じゃなかった。
たまーに出る女子高生っぽい声に周囲はキツイと思ってるかもしれないが、そこもまた彼女の魅力。
あと案外チョロそうなヒロインでもある気がする。

序盤は柔よく剛を制すって感じで投げてたけど、途中からはスクライド状態。
宇宙行くところがまさにサンライズ。
いやこれはサンライズじゃないけど。

途中でじじいが割って入ったのでフェアな勝負とは言い難し展開になってしまったが、じいちゃんのスピリットオブソードがぱないカッコ良さだったので許す。


まとめ


ザ・クライマックス。
汚い手段を取らずにここまで見せるアニメは昨今そうはない。

それでいて二日酔いを気にする閣下と先生がシュールだったりと、ほんとよく出来た作品だ。
絵的に面白味のあるシーンも多く、ほんと良く出来てる。
あと音もいいんよね、このアニメ。
金属音とか、このアニメ用に録ったのかな。


次回は成長しためがね様と、他のメンバーの成長と動向に期待。
紅華と葉介は結婚してそうだよねー。
じいちゃんは生きてるんかね。
百合は百合として、先輩は……まあいっか。





Category: プラネット・ウィズ

tb 1 : cm 2   

コメント

封印派は穏健派の考えも捨てきれなくて、答えを勝負に委ねてた部分もあると思います。
まあ、目標に勝ちたいという気持ちもあるでしょうけど。
白石さんが催眠かけてきた事から内部で考えが違うとかもありそうですし。
あと虎居さんを忘れてませんか?

#- | URL | 2018/09/19 00:15 [edit]

Re: タイトルなし

虎居さんは、ぶっちゃけ変わらないと思ってる。

ルイ #- | URL | 2018/09/19 21:41 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7338-5fd11ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プラネット・ウィズ TokyoMX(9/09)#10

第10話 カレルレンとラシャヴェラク羊谷が操る封印装置を破壊して次は封印派の親玉だと叫ぶ宗矢。 お互いに満身創痍なので1週間後に指定の場所での決戦を約束する。かつての光の戦士たちも見届人となる。 復活した根津屋先輩は遅れて駆けつけた。 太平洋上の無人島で戦う二人。真っ直ぐな戦いの宗矢、閣下ことカレルレンは投げ技で応戦。 勝つためにもドーピングモードを使...

ぬるーくまったりと 3rd | 2018/09/16 11:12