『愚物語 / 西尾維新』 レビュー - こう観やがってます
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

『愚物語 / 西尾維新』 レビュー 

愚物語

〈物語〉シリーズで一番微妙だったやつ。
いや老倉育は好きなんですけどね。



そだちフィアスコ


嫌いなヤツに近付いている。
そこもまた良し。

愚物語のメインなんだけど、かなり読みづらかったです。
やはりある程度は明るい要素が必要なのか、単にユニークなキャラクターがいないのが問題なのか。
老倉だけで物語を引っ張るのはさすがに酷。

一応、彼女が育った(育だけに)エピソードでもあるので、彼女の今後が知りたい人向けって感じではある。
そう考えれば意外と有り……か?
しかしハッピーな空気は今の所はそんなに無かったりするし、大学時の彼女もそんなに幸せそうじゃないし……と、ある意味昔の阿良々木暦っぽくもあるかな。

とはいえ必要なのはその筋の先輩ではなく、後輩的存在な気もした。
頼られて力を発揮するタイプだと思う。
アドバイスは上手いし(多分


するがボーンヘッド


んん?
神原駿河に対しての印象が少し悪くなった気も。
花物語で繊細な彼女を見られたというのに、尊敬する阿良々木先輩に対してそれはどうなんだと、思わずにはいられない。

物語としては謎があり、それを解決していく流れが良かった。
こういうのは西尾維新の得意分野だと思う。

扇くんとの掛け合いもグッド。
メタいのもちらほらありましたねぇ。

『戯言遣い』には思わず反応。


つきひアンドゥ


月火さんが怖すぎる。
斧乃木ちゃんの失態も正直あるとは思うが、しかしサイコパス的な要素が月火にあるのも確か。
撫子相手に愚痴る気持ちもわからんではない。
常識外れに怒る怪異ってのもおかしいっちゃおかしい気もするけど。

撫子の成長が伺えるシーン、八九寺の神っぷりなど、月火以外が活躍していた気もする。






Category: ライトノベル

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7299-c3f41946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)