週刊少年ジャンプ33号 ネタバレ感想 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

週刊少年ジャンプ33号 ネタバレ感想 



50週年ということで色々やってます。
目玉は鳥山明と井上雄彦のレジェンド対談、久保帯人の読切かな。
あとはこち亀とか。



ONE_PIECE


ルフィの顔が心なしか悪くなってきた気がする。
対して新キャラのお玉はカワイイ。
能力もなかなかに面白い。
チョッパーに食わしたらどうなるんだ?

展開的には少し古いテイスト。
でもこれぐらいの方が面白いかもね。
最近はキャラが多くて話もなかなか進まんし。


ハイキュー!!


研磨の怖さは敵にまわしたらどうなるかという想像も含めて良いと思っている。
敵になったら暴かれてしまうとか、弱点を疲れてしまうとか、しんどい目に遭わされるとか。
それは翻って味方で良かったということなんだけど。

しかしリエーフは良いキャラクターですね。
単純で素直ってほんと美点。


僕のヒーローアカデミア


土曜発売だったので(今週のジャンプが)、そんなに待たずに済んだ。
結構好きな展開なんだよな、これ。
今回ばかり、あるいはこれからはエンデヴァーが本当の意味でのNo.1だ。
と思ってたけどまだ横槍が入るか?

ホークスも良い感じでした。
というか彼がいなかったら多分負けてる。


こち亀


連載終了後2回目の読切かな。
時事ネタもありつつ、そこそこに。
ネタは世界が作ってくれる。
故に尽きることはない。


ブラッククローバー


最初は巨大ロボを連想したけど、程なくしてマクロスを思い出した。。
そして次に武装錬金を思い出すという。


バーン・ザ・ウィッチ


久々の久保帯人。
この人はギャグがあった方が面白い。
そういう意味では良かった。

連載も可能っちゃ可能よね。
BLEACHのキャラも出せるし。

BLEACHといえば実写映画についても触れてたけど、どういう視点でどういうリアクションを取るのが正しいのか。
正直ヒドイ出来に見えたのだが、ここまで推してくるとちょっと気になるやん。
まあそれでもさすがに映画館には行かんけど。
今だったらハン・ソロの方がまだマシ。


アクタージュ


バトル漫画の構図に見えなくもない。
素質は認めるがまだ早いってか。
事実経験値は低いっちゃ低いが。
しかしこれ少年漫画で例えるなら序盤で済ましておく展開よな。
この臭いフェチに対して思い入れが無さすぎる。

読切が少し懐かしくなってきた。
学校で生徒達とイチャコラするのも楽しかったかもしれんね。
変人なんていくらでも出せそうだし。
って思ったらそれ週刊少年ハチでやってたわ。


ぼくたちは勉強ができない


この話の良いところはあしゅみー先輩の入浴シーン。
――ではない。
大人びていつもアドバンテージを握っていたあしゅみー先輩が弱みを見せオロオロし叫び、そして後輩を頼ったことである。


Dr.STONE


ガチ勢を引いたのは運だが、それを御したのは千空の誠実さ。

しかし驚くべきはゲンの声帯模写のような気も。
日本人ならまだしもね(それでも十分凄いが
あと「5千万枚突破」「記念パーティー」発言。
これも凄い。
こういった言い回しをされたら信じても不思議はないわ。


アリスと太陽


ヒロインが強いな、やはり。
いや太陽も良いキャラクターではあるんだけど。
それでもアリスの方が魅力的に見える。
話自体を引っ張っているという意味で。
あと単純に作者のアリスの描き方が上手い。

しかし握手で終わっても良いかなとは思った。
「僕はもう」「引き返せない」のコマ良かったからね。


ゆらぎ荘の幽奈さん


幽白スタイル。
ザクロってあのザクロでしょ。
1回戦負けの。
つっても暗黒武術会に出てたら優勝してるレベルだけどな。

思ったよりペースが早くて個人的には面白かった。
BLEACHだったら1年使ってる。


食戟のソーマ


サイバの方が定規に使われちゃった。
まあそれはそれとして寧々が可愛かった。
大人っぽくなったのにカワイイとはこれ如何に。


レジェンド対談


もうちょっと前にして欲しかった対談。
絵が上手いというか、漫画が上手いって感じなんだろうね、どっちも。
鳥山明が最初はマガジンへってくだりは面白かった。


ノアズノーツ


それぞれがノーティラスに来ることに疑いは無し。
変人で優秀なのが出てきそうで何より。
こういうのでいいんすよ、展開的には。
意外と生き残るかもしんない。




>>漫画感想ランキング
>>漫画・コミック人気ブログランキング



Category: 週刊少年ジャンプ

tb 0 : cm 4   

コメント

ワンピース>超規模海賊相手にあっさり倒したり、進んだりしても何でやねんとなりかねないので個人的にはゆっくりでOK。
スピードが滅茶苦茶早いフェアリーテイルですらラストの章は結構時間かけましたし。

ヒロアカ>1人では無理でも2人なら越えられる。
特に街に出る被害を抑えながら戦う様子がNo.1ヒーローになったと感じさせました。

こち亀>でも単行本は出るんでしょうか?

ウィッチ>ブリーチはカラブリとかギャグでも出してますしね。

アクタージュ>どれくらい続くかは分かりませんが、序盤の展開という事でいいと思います。まだ半年くらいですし。

石>やっぱ運良いですよね?良い運を形にしたのは千空ですけど。
ぶっちゃけリリアン>司でないと効果ない作戦ですし。

ゆらぎ>ブリーチならというか、大抵の漫画で1年は使うでしょう。回想じゃなかったら数年の連載はいけるボリュームの話。
幽白のザクロだけでなく、majicoの月の裏、世界救った時の落下はダイの大冒険かなとか色々パロディが見つかりました。
作品は忘れたが、見覚えあるシーンもチラホラと…
絶対ジャンプ50周年に合わせてパロの嵐を持ってきたんだと思います。そういう意味でも面白かったです。

ソーマ>これでラスボス確定。ソーマの最初の目的だったオヤジ超えもコイツを倒せばなし得ますし。
まあ4ヶ月で滅茶苦茶成長して司クラスになってたとしてもまだ勝てるイメージは湧かないですが。

ノアズ>ルーが期待以上だったので楽しみです。ここで掲載順が下が増えて次も生き残る可能性が出てきたのも嬉しい。
でも師匠超えって完結になりかねない不安も…

#- | URL | 2018/07/17 22:00 [edit]

Re: タイトルなし

>スピードが滅茶苦茶早いフェアリーテイルですらラストの章は結構時間かけましたし。

めずらしい現象。


>特に街に出る被害を抑えながら戦う様子がNo.1ヒーローになったと感じさせました。

不満を口にする人もいるだろうけど、それでも認める人の方が多いでしょうね。


>でも単行本は出るんでしょうか?

出ると思います。
ただ総集編みたいな形になるかもしれません(こち亀自体はキリの良い巻数で終わってるので


>ギャグでも出してますしね。

というかBLEACH自体、単行本では間にギャグっぽい漫画がありましたしね。


>どれくらい続くかは分かりませんが、序盤の展開という事でいいと思います。まだ半年くらいですし。

なんとなく終わりそうな雰囲気。


>やっぱ運良いですよね?良い運を形にしたのは千空ですけど。

今回も運がいいし、最初から運はいいほうだと思いますよ。
司に関しても彼がいなかったら千空たちは動物に食べられていたはずですから。


>絶対ジャンプ50周年に合わせてパロの嵐を持ってきたんだと思います。そういう意味でも面白かったです。

そういうことか。


>これでラスボス確定。ソーマの最初の目的だったオヤジ超えもコイツを倒せばなし得ますし。

確定っぽいんだけど、オヤジが力を出し切れていなかったパターンもあるかもしれません。


>ここで掲載順が下が増えて次も生き残る可能性が出てきたのも嬉しい。

ギャグ漫画と将棋漫画が下がり気味なので案外。

ルイ #- | URL | 2018/07/20 07:57 [edit]

石>正直、ゲンが何を見て引きが悪いと言ってるのか分からないんですよね。
司を引いたラッキーもですが、奇跡の水に出会えた事、この村に出会えた事は天文学的ラッキーですし、タングステンもそう。
ライオンに襲われる事がある環境でゲンを1人で偵察に行かせたとかは引きが良いとかの次元ですらないですし。
唯一悪いという村長決定戦ですら、あれ以下の組み合わせ(コハクが決勝でマグマとぶつかる+金狼とコハクがマグマより先にぶつかる)には6割近い確率でなるとか不運ですらないですし。
ラッキーは数あれど、不運は思い当たらないですね。

#- | URL | 2018/07/22 14:30 [edit]

Re: タイトルなし

>不運は思い当たらないですね。

千空たちが司に助けられたことを知らないのであれば、司を復活させたことは不運と思えるのかもしれませんね。
数多くの人間がいるなかで司を復活させたことが。
実際は司がいなかったら千空たちは死んでたっぽいですが。

ルイ #- | URL | 2018/07/23 22:53 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7261-089e4d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)