涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 総評 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

涼宮ハルヒの憂鬱(2009年放送版) 総評 



こちらは時系列通り。
思ったより作画は変わらないので(違いはあるけど)、普通に見れる。
ただしエンドレスエイト、テメーはダメだ。



やはり原作1巻がイチバン


アニメでいうと第1話から6話。
ハルヒの人物像からポニテ落ちまで完璧。
映画化すればいい。

長門、みくる、古泉が正体を明かしていく流れも良く、その中で危機感を持たなければ行けない理由も上手く見せている。
布石も随所にあって何度目かで気付くのもあった。
そういう意味でも良い作品。

ポニーテール萌え→学校のハルヒがポニテ。
この流れと見せ方がいい。
ハルヒの表情を見せないカット割りがいい。
最終的には見えるけど

夢と思ってるハルヒだけど、キョンがポニテ好きという記憶はどこかに残っているのか、その後の展開で意識しているシーンもある(みくるをポニテにしようとしてやめるシーンなど


エンドレスエイト


まさかの8話分。
つまり放送時は8週連続だったということ。
苦行である。

しかしニコニコで見ると案外快適だったりもする。
いや、快適はウソだな。
でもかなり見やすくなった。
水着、浴衣の違いへのツッコミを見るのも悪くない。
台詞も違うし、演技がブレることもあったりなかったり。

『視聴者より長門の方がしんどい』コメはさすがに草。
ボーリングのスコアがあ面白かったですね、長門は。


まとめ


久々に見て楽しめるアニメは良いアニメ。
印象はそれほど変わらないけど、相対的に面白く見える部分も多い。
昨今の京アニと比べても面白い。

作品としてはキョンの台詞、モノローグが良い味だしてる。
ハルヒの悪行へのツッコミは常に最適に近い。
イラッとする行動を取るハルヒに対して怒るキョンなども含めて欠かせない存在。
あと単純に頭がいい。
本人が思うよりも。

絵的にも時代を感じさせない感じ。
朝倉vs長門は今見ても良い。
メガネ無くてもかわいいは、残念ながら同意。
いろいろかわいいし、頼りになるし、最高ですね、長門は。
感情がなさそうである感じも良くて、みくるとイチャ付いてる時(ほくろの位置確認後)の長門の視線とか草生えちゃう。
作品とは関係ないけどキャラソンも良かったですね。








オマケ


他のキャラクターの印象とか。


朝比奈ミクル


1期では第1話で衝撃デビューしたおしゃまなキューピー。
先輩には見えない先輩。
ハルヒには「ロリ巨乳」と言われていたが、今思うとロリって感じではない。

無害っぽいけど、物語が進むにつれそこも含めて有害である可能性が浮上。
組織の末端とはいえハルヒの近くにいるということはエリートエージェントのような立ち位置にもなっているわけで、いろいろ大変なのだろう、大人版を見るとそれがわかる(ような気がする
イチャ付くとハルヒの精神に問題が起きる――と、そこに関してはキョンより正しい。


古泉一樹


意外と苦労人。
しかも雑に扱われることも多々。
組織でも派閥争いがあるらしいし、こいつはこいつで大変そうだ。
たまに常人なら怒ってるのでは、と思えるシーンもある。
ハルヒのことを本当は好きなのでは、と思ってみると作品の見方が少し変わる。


朝倉涼子


バックアップ。
眉が太い。
谷口(WAWAWAの人)基準だと長門より朝倉の方が上。
趣味が合わないな、こいつとは。

長門と違って社交性はある感じ。
頼れる感もあるぐらい。
でも実は人のことは分からない感じ。


コンピ研部長


可哀想な人。
でも自分たちで開発したゲームでは正々堂々戦おうね。
というか普通に戦った方が勝ち目あったと思うよ?
おかげで勝ちたい感のある長門を見れたけど。
あれは良いシーンだった。
目は口ほどに物を言う。

喜緑江美里(何気にキャラソンのある女)と付き合ってると発覚し、視聴者に嫌われかけたが、そっちはデマだった。
ちなみに『コンピ研部長』はグーグル日本語入力に登録されている。



今回はこんなところで。
消失は、気が向いたらってことで。


>>アニメ感想ランキング
>>アニメ人気ブログランキングへ



Category: アニメ紹介&レビュー

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 涼宮ハルヒの憂鬱 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7200-8f411702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)