マンガ備忘録「ゴーレムハーツ」 読切と連載比較 - こう観やがってます
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

マンガ備忘録「ゴーレムハーツ」 読切と連載比較 

読切は好評。
連載は不評。
おそらくそんな感じ。

エイルは結構良いキャラでしたね。



読切時の良さ


女を食い物にする悪い男が出てくる。
という感じでやってることは週刊少年マガジンとか、青年誌のそれなんだけど、実際重要なのは男の方じゃなくてこのエピソードでのメインヒロイン。
『気丈さ』があって、表面上は強く見える、普段は明るい糸目系。
彼女の行動が物語のキーにもなっていて、面白さに繋がっていたりもする。
連れ去られるシーンはサイファーポール編のニコ・ロビンのようだったよね(こっちは連れ去られてないけど

彼女は主人公のノアに助けられるんだけど、その際のやり取りも見せ方が上手かった。
連載始まったらこういうシーン無かったんだよね、何故か。
ともかく、この時はノアは主張も、決め技もカッコ良かったんだよね。
期待感のあるマンガだった。

ちなみにこの読切、時系列的に繋がっているような感じ。
ジャンプ的にはプロトタイプとして扱っているようですがね。
読切だとレメクが有能に見える(実際有能になったのかもですが


さあ連載スタートだ


読切が良かったので連載も期待というパターンはもう古い。
読切が良かったとしても連載で上手く行くかどうかはわからない。
というマンガの象徴的作品。

とはいえ個性的な部分も多かったので読者との相性もあるのかな。
『めだかボックス』のように主張の強い台詞やシーンが多く、そこをどう見るかで好みが分かれそう。
例えばノアが村人に迷惑をかけるシーン。
これに対してノアを息子のように思っているレメクは村人に許容するようにお願い(実際はいろいろなやり取りがあった末のことだがまとめるとそんな感じ。
これね、良いシーンに見えるんだけど、息子のように思っているならその息子を叱る必要もあると思うんだよね。
褒めて伸ばすスタイルは嫌いじゃないけど、実害が出ちゃうとちょっとね。
この辺はちょっと違和感かな。
ただキャラクター的にレメクもノアもプラス思考なので展開的には納得。


試験→ライバル→バトル


内容はHUNTER×HUNTERを彷彿とさせる部分もあったし、実際ここで永遠のライバルであり友となるキャラクターも登場。
もちろん天才タイプ。
だけど試験ぐらいから盛り下がっちゃったんだよね。
いろいろなキャラクターが出たのに思ったより伸びしろが無かった(それぞれに

その中でのバトル展開だったから、ちょっと良くない空気。
危機感はあったし、協力シーンもあって、王道的な展開だったんだけどね。
何かが足りない。
物足りない。


エイル


おっさんのような女の魔導学師。
レメクと違って普通に優秀。
結構好きなキャラクター。
性格的なブレも無く終盤まで個性を発揮(出番は大幅に減って行くけど
印象的にはひつぎ(はやて×ブレード)とか、アネゴレオン(ブラッククローバー)に近いかな。


最終回


ノアが1位になって、そのノアがレメクを持ち上げて、打ち切りエンド。
この流れは最初から決まってたんだろう。
ラスト2話はクオリティ高かったし。
他にも作者の中ではいろいろな物語が生成されていたに違いないが。

しかし読切時のノアから1位になるってのはまだ分かるけど、連載の流れでこれは結構キツいんよね。
部活サッカーから世界で活躍という流れで終わった『オレゴラッソ』とやってること変わらんからね。
あえて違いを言うなら一番を一番になって譲るというね。
実際にこんなことされたらちょっと恥ずかしいというか、いたたまれない気持ちになるような気もするんだが。
息子が一番になったのでその親が一番です――みたいな?
まあレメク自身が喜んでいたのだから、それでいいのだろうけど。
結果より気持ちが大事ってね。

そんな感じの終わりよければすべてよしといった感じの最終回でした。
いやよくねーけどな?
バトルでぐだらなかったら、もうちっと続いたかもね。


ちなみに打ち切りは『フルドライブ』と同時期(12号)でした。
あれも惜しかったよね。
序盤良かっただけに。




>>漫画感想ランキング
>>漫画・コミック人気ブログランキング



Category: 備忘録

Thread: 漫画の感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: ゴーレムハーツ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7186-7d8285f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)