覇穹 封神演義 第6話「老賢人に幕は降り」 ネタバレ感想 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

覇穹 封神演義 第6話「老賢人に幕は降り」 ネタバレ感想 



姫昌逝く。
やることがない、という死に方は良いのだけど、戦争はこれからである。
誰が敵かはわからないけど。



遺志は姫発へ


相変わらずはえー展開。
とはいえアニメ単体で見れば、なんとか見れる。
使える時間の使い方を踏まえれば悪くないアニメ作品だ(そんなことは視聴者が気にすることではないが

いろいろと哀しみの多いエピソードだったが、年齢を考えると充分生きたような、そんな気がしないでもない。
しかも太公望までいるのだから、周としてはまだ未来があるといえよう。
にしても姫発とのやり取りはあっさりしてましたね。
出会って即落ちみたいな。いや意味は全然違うけど。流れ的には。
キャラクターが定まってないのに話だけがドゥンドゥン進んでいく。


通天教主さまが……


ボケ老人みたいになっとる。
作中でもトップクラスに不遇なお方だと思う。
このことを聞仲が知らないのも痛かった。
全体的に後手後手だな、聞仲は。
その聞仲に後手後手だった太公望は、今にして思えば出遅れ過ぎである。
封神計画がなかったらそもそも参戦もしてないし。こいつもこいつで運命で動かされてるな。


まとめ


妲己はアニメで見るとよりえっちく見えるね。
色が付くとエグい角度の下半身衣装が目立つ。

話の方は戦争間近ということで、このテンポが返って良いと思える部分もあった。
ここで引き伸ばされてもね?
でも次回への引きはイマイチかな。
金鰲島がどうなったのか、そのさわりを見せてから次回へつなぐべき。




>>漫画感想ランキング
>>漫画・コミック人気ブログランキング



Category: 2018年 アニメ

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 封神演義  アニメ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7113-d5455a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)