週刊少年ジャンプ4・5号 ネタバレ感想 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

週刊少年ジャンプ4・5号 ネタバレ感想 



カラーで気付いたけどルリって結構際どい格好してるのね。
思ったより薄いし、露出度も高し。
パクチー+ライムはわたし、気になります!



Dr.STONE


コハクもカラーになるとちょっとエロくなりますね。
ゴリラだけど。

結婚→離婚のテンポの良さと来たら。
「バツイチ巫女」ってネーミングも割りと来る。

抗生物質を作る回だったけど、コーラのくだりで痺れた。
粋なことをする。
ちなみに重曹も調理に使えるアイテム。

最後のルリに抗生物質を飲ませるくだりが唆る。


ONE_PIECE


海の上で走れるのは軽いからってわけでもないよねぇ。
女1人担いでも走れるんだから。

ケーキ早く食べて欲しいですね。
ベッジとのやり取りでよりそう思った。
というか被害がこれ以上大きくなったら正気に戻ってもどうしようもないし?


ハイキュー!!


旭さんが決めた時のオッサン連中のリアクションw
見る目があるのは良いことだが、素直なのはもっといいこと。

勝つ意思を『ふわふわした事』として見せるくだりも良かった。
戦っている最中にそんな意思はむしろ邪魔。
点取る為に尽力つくせばええねんで。


ブラッククローバー


アネゴレオンが表紙のセンターカラー。
なんだけど場面はアジトへ。
アネゴレオンが良い調子なだけにちょっと不穏な空気。

とはいえゴーシュが一番まともっぽい感じなのはちょっと面白かったけど。
最初の頃は最もコミュ症な感じだったのに。
今やツッコミもちょっと上手くなってる。


ぼくたちは勉強ができない


「むしろ何故胸の話だと思ったのかが
 1ピコメートルも理解できないのですが…」


というブーメランが素晴らしい。
そして労せず『G』であると知る主人公メガネ。
この世界は平和以上です。

しかもこれ頼めば触らせてくれるって話でもあるよな?


僕のヒーローアカデミア


『宇宙パトロールルル子』のノリだろ、完全に。
いやどこがって「指導ー!!」のくだりな。


「ま
 響きませんよね」


こいつMVP。
いやマジで結構面白いぞこいつ。
「バイタ」発言といい、最近のショタロリはすげーな。
ちなみにバイタは感じで書くと売女な。いや皆知ってるとは思うけど。

先生ちょっとかわいかったな。
大人×泣き顔というのもアリかもしれない。


BORUTO-ボルト-


女キャラのほっぺが妙にぷにぷにな気がする。
前からこんなだっけ?

火遁・豪火球の術の撃ち方が好み。
他も個性があって良かったんじゃね。
どれも決まらんかったけど。

最後にガトリングガンみたいなのが出てきたけど、科学忍具だと吸収できそうな気が。
ということで逆にカタスケが死ぬ。
という謎の理論を提唱したい。


火ノ丸相撲


見事なラブコメ
ワレこんな引き出し持っとったんかい!

いやー思ったよりちゃんと落としましたね。
落としたっつーか、倒したっつーか。
見ようによっては幽遊白書の最終回のようにも見えるな(アニメ版の
波が足りない波が。


シューダン!


下品というか、上着脱いでるシーンはむしろアピってるよな。

それにしてもサッカー漫画というよりは、何か別のものを見ているような。
精神的な拠り所のくだりとか見てると特にそう感じる。
社会人になった者が感じる部分を突いているような。


フルドライブ


5話目ぐらいまで良かったのに。
これ主人公は強くて良かったんだよね(メガネとかより

むしろ主人公が強すぎて経験値が足りてないのに勝っちゃうぐらいの方がいい。
それでも経験したことがない攻撃をされて困るとか、そういう展開が生まれるから。
どうあっても弱点はある――という要素は残る。


ゴーレムハーツ


実質最後尾だけど結構面白いと思う。
試験としてこれどうなの? ってところはあるけど。
アイデアがあるのが良い。




>>漫画感想ランキング
>>漫画・コミック人気ブログランキング



Category: 週刊少年ジャンプ

Thread: 週刊少年ジャンプ全般

Janre: アニメ・コミック

Tag: 週刊少年ジャンプ  Dr.STONE  ぼくたちは勉強ができない 
tb 0 : cm 2   

コメント

ストーン>最後、絶対に狙ってますよね。

ハイキュー>確かに口に出されて実感し、ひっくり返された価値観。勝とうとするのは当然、勝つ方法、勝ちに近づく得点をもぎ取る方法を考えるのが一番に決まってます。

勉強>既に好感度高過ぎますね。

シューダン>この作者はスポーツより、そのスポーツに対して楽しむ事で上を目指せるという哲学を描いてるという感じはします。

フルドライブ>多分、忘れてるでしょうがこの部活が黄金世代の全国のトップ集団を集めたチームですからね。この眼鏡も日本有数の実力者のはずなんですよ。まあ、その設定の時点でどう続ける気だったんだとは思いますが。

ゴーレム>自分も結構好きです。それでもこの位置というのはジャンプの層が厚いという証明かと。

#- | URL | 2018/01/03 14:33 [edit]

Re: タイトルなし

>最後、絶対に狙ってますよね。

狙ってたらダメなんですけどね、天下のジャンプでw


>勝ちに近づく得点をもぎ取る方法を考えるのが一番に決まってます。

まさしく。
でもそこを見せる漫画って実は少ない気がします。
だからこそ印象に残ったわけですが。


>既に好感度高過ぎますね。

頼めば大体のことはオッケーしそう。


>楽しむ事で上を目指せるという哲学を描いてるという感じはします。

『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』もそうでしたしね。


>その設定の時点でどう続ける気だったんだとは思いますが。

大会が始まる前に終わりそうな気も。


>それでもこの位置というのはジャンプの層が厚いという証明かと。

確かに厚いですね。
ですがもうちょっと前でも良いかなーと。

ルイ #- | URL | 2018/01/04 09:46 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7049-af71f7d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)