十二大戦対十二大戦 / 西尾維新 ネタバレ感想 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

十二大戦対十二大戦 / 西尾維新 ネタバレ感想 



今度は逆から。
前作を読んでいると、あるいはアニメを観た後に読むと面白いかもしれません。



すぐに分かるパターン


新キャラが12人追加された十二大戦。
といってもパターンは基本同じですね。
ここまで来ると別パターンが観たくなりますね。
例えば申の和平が上手く行くパターンとか。

面白いのが前作で活躍できなかったキャラクターの個性が別の形で見られること。
隠し玉を使えず死んだ戌。
思った以上にタフだった牛。
ツンデレだった





アニメ版『十二大戦』11話の直後に発売されたのがタイミング的に良いですね。
11話で決着が付くのでね。





Category: 西尾維新

Tag: 十二大戦対十二大戦  西尾維新  中村光 
tb 0 : cm 2   

コメント

コメント失礼します。
前作とは逆に活躍が少なかった人達の内面が見られたのはよかった。
世界が変われば自分の欲望よりも嫌っていた彼女を蘇られてもいいと思うという、愛憎は表裏一体だというのもよく分かります。(これは亥申、申亥のCPが流行りそうだwww)
『卯』の戦士の過去についてもまだ詳細が明らかになっていないので、『ひぐらし』のように幾つかのパターンを通して各々の“内面”を明かにしていってほしいです。
そして、『子』が選択できなかった全く別の可能性の結末というのも見せてほしいです。
長文失礼しました。

N #- | URL | 2017/12/14 05:37 [edit]

Re: タイトルなし

亥申、申亥のカプは流行りそうだし、十二大戦序盤の亥のモノローグも今見ると違った風に見えちゃいますね。

卯の戦士に関しては何故過去シーンがないのか、そこはちょっと不思議ですね。
個人的には友達さえいれば(生きている)悪いことをしない奴だとは思うのですが。


>『子』が選択できなかった全く別の可能性の結末というのも見せてほしいです。

彼らの個性を考えると誰もが勝てる可能性があったように思えます。
ともあれどういうルートを読んでも誰かの死が惜しいと感じそうですが。

ルイ #- | URL | 2017/12/14 08:13 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/7032-4be47e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)