みなみけ 第10話~第13話(終)の感想 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

みなみけ 第10話~第13話(終)の感想 



クオリティが落ちなかった。
それが大事。



第10話「おとこのこ×おんなのこ」


南冬馬が初登場。
のっけから千秋の弟という設定が組み込まれる。
千秋も千秋で結構アレだなーと感じさせるエピソード。
マコちゃんと会わせると非常にややこしいことになる。



第11話「となりの南さん」


冬馬の兄達が登場。
もうひとつの南家はここから。

「夏奈さん以外の女性なら誰でも」
なんでや黙ってたら美少女やろ。
番長(サッカー部)→凄い蹴るよ、といった迷言で運命が大きく変わる。

千秋と山田(石)では子供らしい千秋が。
まあ出会いと別れはセットってね。そうやって皆大人になっていくというありきたりな台詞では終わらないのがみなみけスタイル。

ナツキのおっぱい→グーパンの流れのテンポは最強。
トラブル=ToLOVEる。
その後も半裸の春香を拝めるなど、意外と主人公体質である。

「おかわりしてんじゃないよ」は未来に続く名言。



第12話「クリスマスとかイブとか」


藤岡サンタに喜ぶ千秋が可愛い。
事を終えた夏奈と藤岡が夫婦みたいに去るのがいい。
だが夏奈が千秋をからかい、そして夏奈が殴られるまでがセットだ。

もうひとつの南家では冬馬へのクリスマスプレゼントについて兄弟会議が。
冬馬の前で行うのがポイント。
情けない兄貴であることは「まだ確定していない」という台詞が虚しく響く。

焼肉でのバカ野郎は永遠に残るシーン。
4連発はおそらく世界記録。 



第13話「恋のからまわり」


マコちゃんは浴衣。
冬馬は袴。
間違いはない。内田は不憫。

不毛な電話シーンは描き方が上手い。
全ては長電話が生んだいたずら。
誰が悪いかは明白だが、なんやかんやで理不尽な目に遭うのはケイコである。

「あなたのそばに」は保坂なりのジョーク。
蕎麦だけに、な。

『先生と二宮くん』の最終回は10時間スペシャル。
2人は幸せなキスをして終了。

それを見てアガる速水パイセン。
「ジュースは輸入品だからね」「高級だからね」「自腹だからね」のくだりが素晴らしい。
1話で千秋にキスしようとした夏奈がされる側というのも面白い。



という感じでみなみけはフィニッシュ。
何度も見れる気がしないでもない作品だ。
残って欲しいアニメだけど、日常系って記憶には残りにくいのよね。



<キャスト>
南春香: 佐藤利奈
南夏奈: 井上麻里奈
南千秋: 茅原実里
南冬馬: 水樹奈々
マコト(マコちゃん): 森永理科
藤岡: 柿原徹也
保坂: 小野大輔



第1話~第5話の感想
■10話以降の感想(まだ




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



Category: 未分類

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: みなみけ  アニメ  感想  佐藤利奈  井上麻里奈  茅原実里  水樹奈々 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6823-50442380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)