僕のヒーローアカデミア 第26話「名前をつけてみようの会」感想 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

僕のヒーローアカデミア 第26話「名前をつけてみようの会」感想 

僕のヒーローアカデミア

久々の学校。
ヤオヨロッパイ(発育の暴力)は見えない方が映える。
胸の大きさと露出は反比例が基本法則な。




職場体験だが……


轟、爆轟が人気なのは分かるが、デクに誰も声をかけないというのはちょっと見る目が無さ過ぎるんじゃないか。
あの力、そして轟との戦いを見て勧誘しないというのはほんと見る目無いと思う。
指導したら光る。そんな原石ですやん?

梅雨ちゃんと相沢先生の会話が良かった……と思ったんだけどここはちょっと原作改変されてましたね。なんで変えたんだろう。意味のない改変はしないアニメだと思うんだが。



コードネーム


いわゆるヒーロー名。
フロッピー、ウラビティなどは早い段階から決まっていたアレ。

デクは……まあ別にいいんだけど、飯田くんは『インゲニウム』にして欲しかったな。
していないから不穏なわけだが。

切島が少しだけピックアップされていた気がする。
『レッドライオット(烈怒頼雄斗)』とかちょっとカッコいいやん。
漢字で書くと昔の族っぽいけどな。


このパートで地味に相沢先生の回想が差し込まれていた。



まとめ


つまり耳郎ちゃんはもっと露出多い方が良いということ。
ヤオヨロッパイもだけど芦戸も結構大きいよね。制服の上からでも分かるのがポイント。こいつも脱がない方がいい。

ヒーロー名のくだりはほんわかしたノリだったけど、飯田くん関係で不穏な空気に。登場の手前から不穏なBGM流すのは気が早すぎない? しかも不穏BGMが2パターンとか、スタッフはほんと揃ってんなこのアニメ。お金があると細かいところにも手が届く。

Cパートでグラントリノが登場。
そういう車とか映画があった気がする。そんな名前のボケ老人。
ボケ老人=食わせ者であることは言うまでもない。

キャラクター的には、元ネタはクリント・イーストウッドだろう。
昔は怖くて強く、その後は監督(現場を離れる)という、つまりはそんな感じのキャラ。
ちなみにクリント・イーストウッドは俳優引退後も現場に何度か復帰していた。映画『グラン・トリノ』もその1つである。グラントリノも現場復帰する。多分そういう布石。




ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



Category: 僕のヒーローアカデミア(アニメ)

Thread: 僕のヒーローアカデミア

Janre: アニメ・コミック

Tag: 僕のヒーローアカデミア  アニメ  感想 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6730-4d78bc7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)