週刊少年マガジン26号 感想 - こう観やがってます
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

週刊少年マガジン26号 感想 



ゼレフの最期。
愛は偉大。
っていう感じでオッケーかい?




フェアリーテイル


引っ張りすぎたのかな。
ゼレフ=凄い奴っていう図式がいつからか崩れていて、ボス特有の恐さが無くなってしまった。
これなら初期のトゥエルブの方がまだ恐ろしかった。

初代と一緒に旅立ち、そして代わりにマスターが復活。
この流れもよくわからんけど、これもまた愛は偉大って思えばいいと思う。



七つの大罪


酔っぱらいと素面対決は素面の勝利。
一歩間違えたらお店ごと吹っ飛んでたけどな。
それぞれ収まるところに落ち着いた感があって、ようやく一丸となった気がする。

けどマーリンあたりがまだ隠し事があるかもしれないし、ウィークポイントが見えにくいのが返って妙といえば妙。
彼女の過去にもいずれ触れないといけないだろう。


番外編はおパンツネタ。
それが翻って穿いてないネタになっていた気もするが、後は読者諸君の想像力次第だろう。



徒然チルドレン


彼女の手がおかずってリア充なのか、そうでないのか、考えさせられる命題である。
彼女がいるのに彼女とイチャつけないという現実はある意味ジレンマな気もするし、彼の日常がそもそもそうだったのだから、リア充に近付いているのも確かである。
要は着地の手前が案外辛いという、そういう話かもしれない。



はじめの一歩


スリップでも立つのが遅れたらダウンでいいと思うんだよな。
ちなみにキックボクシングではスリップとコールした後でダウンとコールされることもある。



ダイヤのA


メンタルが投球に影響するのは分かるけど、メンタルだけが投球に影響するという考えは間違ってると思う。




にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ



Category: 週刊少年マガジン

Thread: 漫画の感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 週刊少年マガジン26号  フェアリーテイル  七つの大罪  徒然チルドレン  はじめの一歩  ダイヤのA 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6691-9f09f180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)