ハイライトを消した茜とその後 恋愛暴君 第8話 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

ハイライトを消した茜とその後 恋愛暴君 第8話 



グリ最強伝説。

これには淫乱ピンクメガネも舌打ち。
何者にも天敵はいるもんだね。




第8話「さよなら x 恋敵(ライバル)でしょ!!」


あらすじ
茜を助ける!緋山家に乗り込むグリと柚。
数々のトラップを乗り越えてやっとの思いで再会するが、
茜は柚に容赦なくグルカナイフを投げつけて――。
そこへやってきた青司は、
彼女を閉じ込めた張本人である茜の母・蘇芳と対峙する。




カチコミ


グリと柚が共にお屋敷へ。
警備が893そのものだったね。
でも弱い。
妹ちゃんにも負けてたしな。いや、これは妹ちゃんが強いのか?

四天王的なものがいなかったので展開も早かったですね。
ジャンプだったら3ヶ月ぐらい使ってる。



愛深き故、愛を捨て女


サウザーばりに歪んでる茜ママ。
でもこういう女に限って娘の体調を気遣ったりするんだよな。
分かり辛いかもしれんけど、BLEACHの千本桜の人と似た系統とパターン。



柚ママも参戦


ママ様て。
こちらは素直に愛情を注がれているらしい。
でもまあこっちはこっちで危険かもね。子煩悩っていうか。

茜ママとほこ×たて対決が勃発したが、互角なので痛み分け。
なお最強の矛と盾で矛盾するということは無い模様。
あくまでそのカテゴリーで最強って意味だからね。

CVはサトリナでした。



まとめ


いいアニメだし、スタッフの原作の活かし方も良いと思った。
飽きるポイントが少ないんよね、この作品。
ヒロインを助けるパートってだらだら進むことも多いけど、ネタを挟むことでマンネリ化も防いでいると思う。何より1話で終わったのが好印象。
ツッコミどころが多すぎて、逆にツッコミどころが少ない不思議。

演出も良かった。
何度か見ることができるアニメだと思った。





<キャスト>
グリ:青山吉能
藍野青司:小野賢章
緋山茜:沼倉愛美
黄蝶ヶ崎柚:長野佑紀
白峰樒:原由実
コラリ:檜山修之
椎名茉莉:大坪由佳
藍野あくあ:高橋李依
ティアラ:喜多村英梨


ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



Category: 2017年4月 恋愛暴君

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 恋愛暴君  アニメ  感想 
tb 2 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6676-e20175da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恋愛暴君 テレ東(5/25)#08

第8話 さよなら X 恋敵(ライバル)でしょ!! 茜を救出するために乗り込むグリと柚。暴れん坊将軍的な衣装とくノ一の二人。警備の男たちはグリの互いを好きになる薬で撃破。茜を探す柚、もう青司を好きじゃないと話す茜。柚は、どんなことがあっても自分の思いと言葉は捨てない。鶴岡の連絡で柚の母、アメイシャが駆けつけた。 あくあが警備を倒して緋山家に侵入。樒があくあを追い払って、青司を拘束。茜の前で青司...

ぬる~くまったりと | 2017/05/27 03:49

恋愛暴君 第8話 『さよなら×恋敵でしょ!!』 母同士のバトルは次元が違った。

バリアは攻撃にも使えるVSゲート・オブ・バビロン。 侍と忍者。に扮したグリと柚。中へ入るとドス持った黒服のお兄さん。対するグリの煙幕攻撃。子供だましなんてとんでもない。浴びるとホモになってしまう…実に恐ろしい。 バリアが発動しない?茜のナイフが柚の頬を掠めましたね。自動起動じゃないんだあれ。眼の色が変わった茜。洗脳されたのかはたまた演技だろうか。 茜の母曰く、茜を悪い道に誘うの...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2017/05/27 17:35