Re:CREATORS #05「どこよりも冷たいこの水の底」感想 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

Re:CREATORS #05「どこよりも冷たいこの水の底」感想 



自分の作ったキャラぐらい制御しなさいよ!

このアニメは面白くなかったとしてももしかしたら面白くなるかもしれないという期待感がありますね。
と同時にいつコケても不思議ではない空気もある。




<キャスト>
セレジア・ユピティリア:小松未可子(ファンタジー系ロボットアニメのメインヒロイン)
メテオラ・エスターライヒ:水瀬いのり(RPGの主人公を導く司書を務めていた賢者)
アリスティア・フェブラリィ:日笠陽子(ファンタジー伝記モノの漫画・アニメの主人公)
煌樹まみか:村川梨衣(魔法少女アニメの主人公。ちなみに女児向け)
ブリッツ・トーカー:斧アツシ(サイバーパンクな作品“code・Babylon” のバウンティ・ハンター)
軍服の姫君:豊崎愛生(不明。アマチュア作品の可能性有り)
鹿屋瑠偉:雨宮天(ロボットアニメの主人公。巨大ロボ・ギガスマキナのパイロット)
松原崇:小西克幸(“精霊機想曲フォーゲルシュバリエ”の原作者)
中乃鐘晶明:杉崎亮(“無限神機モノマギア”の脚本・構成担当のシナリオライター)
菊地原亜希:恒松あゆみ(対策会議を率いる、政府の高官)




感想


メテオラの「なんちゃって」は割りと好き。
特殊部隊が踏み込んでくれてよかったね。
ガヤに助けられた芸人みたいな?

しかしよく喋る。
今回めっちゃ喋ったよね、メテオラ。
いなかったら話はまとまらなかったかもね。政府系キャラはたいていアホだし。そういう意味じゃメガネの人がいて良かった。

そもそも実弾使用はおかしいし。
アニメの見すぎじゃないのこのアニメのスタッフ。




政府の高官、菊地原亜希


「あなた方の世界は、最初から虚構でした。
 それを知ってなお、全てを守る価値があると思います」


有能そうなメガネ。リム無しかな。
彼女の有能さで政治家の出番がほとんどなくなった。
でもこういうキャラは政治家がアホなことをしたときにイライラするんよな。




有能作家


録画たまっちゃって→ちょっと傷つきました
このやり取り好き。

テレビを外に出したのは正しい判断。
ちょっと正し過ぎるきらいはあるが。

松原もそうだけど、全体的にクリエイター側の待遇がいい。
クリエイターが作ってる影響かもね

しかしこうなると相対的に創作キャラがバカになる可能性が高い。
メテオラ以外の扱いはあまり良くない気もする。



瑠偉の年下好き発言はグッド。
セレジアにはざまあと言っておこう。
逆ギレキャラは、ロボアニメだと結構多い気がする。名前からかわれて軍人殴るニュータイプもいるぐらいだし。





ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



Category: 2017年4月 Re:CREATORS

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: Re:CREATORS  感想  アニメ 
tb 2 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6643-b8f55eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Re:CREATORS<レクリエーターズ> #05 「どこよりも冷たいこの水の底」

伊丹なら・・・、 「Re:CREATOR」の第5話。 崇の知人でアニメのシナリオを担当している昌明が自分の関係作を見ていたら 画面には見覚えのないキャラ軍服の姫君が巨大ロボと戦っていた。 歪む空間、巨大ロボットと一緒に現れたのはパイロットの「鹿屋 瑠偉」だった。 連絡を受けて崇達が駆けつけると小さくうずくまる瑠偉、どちらかというと逆ギレ系の キャラらしく普段は割りとおとなし...

ゆる本 blog | 2017/05/08 02:48

Re:CREATORS BS11(5/06)#05

第5話 どこよりも冷たいこの水の底 松原の後輩脚本家の中乃鐘昌明の自宅を 訪れた一行。彼の生み出したアニメキャラ、鹿屋瑠偉も顕現していた。軍服の姫君が関わっているのも同じだった。実は鹿屋瑠偉は逆ギレキャラ、僕はいつだって強いられてきた。 突然、陸上自衛隊が突入、制圧にかかる。殺してはいけないと峰打ちのセレジア。メテオラが冷静に対処、指揮官との対談を申し出る。自衛隊は身柄確保を命令されただけ。...

ぬる~くまったりと | 2017/05/09 18:09