弱虫ペダル NEW GENERATION 第14話「凡人と天才」 感想 - こう観やがってます
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

弱虫ペダル NEW GENERATION 第14話「凡人と天才」 感想 



『凡人』って言いたいだけやん?
今後も使っていくんだろう、このワード。
言い過ぎると手嶋に負けた人達が可哀想になるアルよ。

無口先輩が過去最高にしゃべった気がする今回。




感想


遠回しに自分のこと天才って言うのやめろw
会話シーンは削った方が熱いと思う。
あった方が盛り上がると思って生まれたんだろうけど。
言うて、熱い勝負に言葉は不要。


展開的には当然のように古賀が先行。
風よけに使われているように見えるのは気のせイカ?




決着


自転車競技に限らずレースというものは長距離になればなるほど総合的な速さが重要となる。
弱虫ペダルはそこを描いていないから、最終的に終盤五分って状況が多い
古賀が天才で、手嶋が凡人なら、終盤で追いつけないほどの差が生まれていただろう。
手嶋もまた天才と見るべき。


しかし1年との差もイマイチわからないし、古賀がレギュラー落ちというのもよく分からない展開ではあった。
最終日に鏑木より早く着いたならレギュラーでもいいでしょ。
いやそれだと杉元との戦いが無意味になるか。
うーん、よく出来てる。


見ようによっては、古賀のケガは完治していなくて、手嶋のレベルアップを考えて行動していたとも……というのはさすがに考え過ぎか。





<キャスト>
小野田坂道:山下大輝
今泉俊輔:鳥海浩輔
鳴子章吉:福島潤
手嶋純太:岸尾だいすけ
青八木一:松岡禎丞
古賀公貴:中村悠一
金城真護:安元洋貴
田所迅:伊藤健太郎
杉元照文:宮田幸季
寒咲幹:諏訪彩花

鏑木一差:下野紘
段竹竜包:羽多野渉

真波山岳:代永翼
泉田塔一郎:阿部敦
黒田雪成:野島健児
福富寿一:前野智昭
新開隼人:日野聡
葦木場拓斗:宮野真守



ランキング
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



Category: 弱虫ペダル

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 弱虫ペダル  感想  アニメ 
tb 1 : cm 2   

コメント

古賀先輩は最近になって回想で怪我して更に受けた怪我が完治したので今まで自転車のメカニックとリハビリだけで長距離や過度なトレーニングはしてなかったはずです(漫画版は課題探しの杉元の練習相手をしていますがあくまで学校で杉元は根を上げている)ホントもっと速くせめて前年度に治っていれば勝ち目は無かったと思います。
手嶋先輩は・・・先を知っていると正直ここで勝つ(自信を得る)のは悪手だったと思いますねーああいった形では特に、後手嶋先輩は鏑木より早く着いていませんよ?あれは前年度のレースを思い出してもらうとわかるはずです。

#- | URL | 2017/04/11 19:28 [edit]

Re: タイトルなし

天才で、体力もあって……と考えるとレギュラーは勿体無い気もしますね。
惜しいキャラクターです。



>手嶋先輩は鏑木より早く着いていませんよ?

あら出だしで遅れていたのに、いつの間にか。

ルイ #- | URL | 2017/04/11 19:53 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6605-2dd78dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱虫ペダル NEW GENERATION テレ東(4/10)#14

RIDE. 14 凡人と天才 先ずは古賀が先に計測地点を通過する。手嶋も強くなっているのは実感できた。凡人の手嶋にしか見えないこともある。初日は50周と45周で終了。坂道と古賀は早朝に5周を走って遅れを取り戻していた。 2年前のインハイ広島大会。エースの金城が落車して肋骨骨折で入院、翌日の出場は無理。古賀がエースとして走ることを考えていた。古賀も合宿で900Kmでイイと言われたが最終日に無理...

ぬる~くまったりと | 2017/04/11 15:56