弱虫ペダル NEW GENERATION 第13話「1000km再び」感想 - こう観やがってます
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

弱虫ペダル NEW GENERATION 第13話「1000km再び」感想 



豆腐メンタルの鏑木。
段竹がいなかったら杉元が……いや、それは杉元も同じか。

そしてついに動く古賀。
キャプテンかレギュラー落ちの二択ってシビア過ぎない?




感想


まずは鏑木をピックアップ。
コンビにおいて目立たない方がキーであるということは多い。
段竹の苦労は、あるいは鏑木には一生分からないのかもしれないが、それもまた段竹が言うところの才能なのだろう。
人に嫌われる才能を持った奴が救世主ってこともあるし、案外間違いでもない。




古賀公貴、始動!


手嶋に負けたとしても、鏑木を外してレギュラーになればいいと思う。


久々の競い合いでよくまあ偉そうに登場できるなあと感心する。
それもこれも勝つためなんだろうけど(チームで、という意味で
この辺の思考はスカシに似ている。

CVは中村悠一でした。




まとめ


1000キロ再び。
ただしルールはイミフ。
いや鏑木にとって段竹がいないことはハンデにはなるんだろうけど、去年のハンデに比べたら無いようなものじゃね?
元々個人戦みたいなもんでしょ、これ。


内容としては古賀の登場でレギュラー争い再びといった感じだった。
もしも古賀が4位とかだったら、どういう結果になるんだろう。
手嶋との勝負とは関係なくレギュラーになっても良いと思うのだが。
この作風だと負けたら順位関係なくレギュラー落ちになりそうだ。


ところで杉元の姿が見えなかったんだが、彼も参加してるのかな?
どのみちレギュラーにはなれないのだろうけど。
どういう結果を残すのかは少し気になる。




<キャスト>
小野田坂道:山下大輝
今泉俊輔:鳥海浩輔
鳴子章吉:福島潤
手嶋純太:岸尾だいすけ
青八木一:松岡禎丞
古賀公貴:中村悠一
金城真護:安元洋貴
田所迅:伊藤健太郎
杉元照文:宮田幸季
寒咲幹:諏訪彩花

鏑木一差:下野紘
段竹竜包:羽多野渉

真波山岳:代永翼
泉田塔一郎:阿部敦
黒田雪成:野島健児
福富寿一:前野智昭
新開隼人:日野聡
葦木場拓斗:宮野真守




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



Category: 弱虫ペダル

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 弱虫ペダル  感想  アニメ 
tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6590-4fb063cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱虫ペダル NEW GENERATION テレ東(4/03)#13

RIDE. 13 1000Km再び 合宿で4日間で1000Kmを走破する試練が再び行われる。1年生は無茶だと諦め気味で信じられない様子。インハイメンバーは上位6位に入らないと交代してもらうと宣言する手嶋。バスに酔った坂道は、サポートの寒咲スポーツの車で後追いとなった。そのワゴンには古賀先輩も同乗していた。 昨年の1年生には細工が施されており、鏑木も同様の対応。段竹と10m以内に接近するとビー...

ぬる~くまったりと | 2017/04/04 13:34