アニメ『けものフレンズ』 総評 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

アニメ『けものフレンズ』 総評 



悪者がいなくても物語は作れる。

序盤は4コマのようなノリでしたが、ストーリーもちゃんとあって、最後まで飽きずに見ることができました。
尻上がりに良くなったアニメ。
テンポも良かったです。




けものフレンズ


2017年1月から3月に放送された3DCGアニメ。
先行はゲームアプリ、続いて漫画。
ちなみにアプリ版はアニメ開始前に終了となっている。




総評


フレンズの短所よりも長所を生かす、といった部分の見せ方が上手い作品。
CGの方は低予算感丸出しだけど、動きは破綻していないし、見せ方も良い感じ。
でもやっぱり少人数で作った感はあって、オープニングもあまり動いていなかったりする。


初回がイマイチだったけど、尻上がりに面白くなっていった。
最終回の後で1話を見ると何故か面白く見える不思議。


フレンズの特徴も随所に出ていて、そこに注目して見るのも面白いかもしれない。
例えば狩りごっこでサーバルはかばんちゃんを捕える際にジャンプしているが、あれもサーバルキャットも特性だったりする。
サーバルの能力的に走っての狩りは難しいらしい。




面白かったエピソード


第3話「こうざん」


トキの歌声に震えろ!
でも金田朋子の静かな声は意外とありだと思った。
ボスがトキの声、生体などについて説明してくれたが、わざとかってぐらいにタイミングが悪かった。


アルパカ・スリも初登場。
栃木っぽいなまりが凄かったけど、何故か妙に可愛い。
唐突にツバを吐いてびっくりした。



第5話「こはん」


アメリカビーバーとオグロプレーリードッグが初登場。
ログハウスを作るお話といえば思い出す人も多いんじゃないかな。
オグロプレーリードッグの挨拶が強烈だった回でもある。
素晴らしい挨拶だった。


ビーバーとプレーリーにはそれぞれ大きな短所があったんだけど、かばんちゃんは長所に着目した。
短所が注目されることの多い社会において、個性を活かすエピソードは沁みるね。


建築シーンでは劇的ビフォーアフターなBGMが流れていた。
意外と攻めるアニメである。
ちなみに別の話でも同じBGMが流れていた。



第6話「へいげん」


怪しい人物として城へ連行されたかばんとサーバル。
ボスの無能が目立ったけど可愛いので許す。


このエピソードではライオンとヘラジカが縄張り争いをしているのだが、勝ち続けているライオンの方がもう勝ちたくないと思っている。そこが面白い。
それでいて勝負になると真剣になる。本能だろうか。
といっても遊びの範疇での真剣であって、野性解放などはしない。そういうところにも優しい世界感がでてる。


物語はハシビロコウさんが「ヒト」というワードを口にしたところで終了。



第10話「ろっじ」


ジャパリまんを食べたのがサーバルであることをさらりと言ったかばんちゃんに笑った。
過去のサーバルが初登場するなど謎めいた話でもある。



11話「せるりあん」


ボスを褒める際に「今日は」といったサーバルちゃんが残酷だった。
初登場フレンズはヒグマ、キンシコウ、リカオン。


タイトル通りセルリアンがキーの回。
がばんちゃんとボスの会話が泣ける。
サーバルを助ける際の木登りも泣ける。




12話(終)


11話がクリフハンガーだったので、12話が待ち遠しかった。
誰も消えないことは作風から予想できるんだけど、それでもね。


ボスが非常に有能で、手際も良かった。
感情があることが伺える台詞もあり、それがフラグっぽい空気だったけど、それでも無事生還。


「食べないで下さい」でちょっと感動した。


最後、水面には「つづく」とあった。




主題歌


オープニング:ようこそジャパリパークへ

永遠に聴ける。
くせになるオープニング。
「けものはいてもけものはいない」はこのアニメを象徴した歌詞。


エンディング:ぼくのフレンド

最終回の後に聴くと、物悲しい気分になる。
でも歌詞は割りとポジティブ。




まとめ


ストレスとは無縁のアニメ。
気楽に見れて、途中からは謎への関心も強くなった。
あいだにある動物紹介のコーナーもシュールで独特の雰囲気があったりと、総じて個性のある作品。


「すごーい」「たーのしー」など、ネットで言われているように脳が溶ける要素も確かにあるけど、そういうのとは関係なく尻上がりに評価されたアニメ。
キャラクターの多さ、布石の散りばめ方などもあって飽きにくい作品でもあった。





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



Category: アニメ紹介&レビュー

Thread: けものフレンズ

Janre: アニメ・コミック

Tag: けものフレンズ  アニメ  感想  サーバル  ボス  カバンちゃん    ようこそジャパリパークへ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6589-f2bf87d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)