アニメ『赤い光弾ジリオン』 レビュー - こう観やがってます
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

アニメ『赤い光弾ジリオン』 レビュー 



昔の名作アニメ。
ちゃんとしたSFアクション。
銃がとにかくかっちょいい。




赤い光弾ジリオン


1987年に放映されたSFアクション。
制作はタツノコプロ。ただしスタッフは石川光久とその仲間たち。
「Production I.G」と「京都アニメーション」が作ったアニメだと思えばいいと思う。


あらすじ


西暦2387年。第二の地球と呼ばれる殖民惑星マリスが、侵略者ノーザ星人の襲撃を受けた。
圧倒的な戦力差に瞬く間に劣勢に立たされた人類であったが、未知の超文明がもたらした三丁の強力な光線銃「ジリオン」を入手。
人類の命運を握るジリオンを託されたJJ、チャンプ、アップルの三人の若者たちは、特殊部隊ホワイト・ナッツのメンバーとなり、ノーザ軍を相手に数々の困難なミッションに挑んでいく。


<メインキャスト>
JJ:関俊彦
チャンプ:井上和彦
アップル:水谷優子
ゴード長官:藤本譲
デイブ:中村大樹
エイミ:本多知恵子
バロン・リックス:速水奨
アドミス:沢田敏子
ナレーター:小林修




感想


地球(厳密には違うが)が本気で危ない……そう思わせてくれる。
危機感があって、人があっさりと死んでいく、最近ではあまり見ないタイプのアニメ。
ジリオン以外の銃は効かないんだけど、それが分かっていても撃っちゃうのが哀しい。

キャラクターが結構しっかりと作られていて、視聴者のテンションともマッチしやすいと思う。
見返してもあんまり違和感がない。
敵キャラも強いのはポリシーがあって、宇宙人の割には妙に人間っぽい。




ジリオン


とにかくかっちょいい光線銃、
……でも「光線銃」ってワードはクソだせえな(当時はカッコよかったのかもしれんが

当たると消滅というちょっと怖い銃でもある。
勝つために必要という体で描かれているので残酷には見えないが。

オーバーテクノロジーで、この銃が無かったら人類は滅んでいたが、しかし銃3丁だけでは勝てない戦いの方が多かったのも事実。
人類はしぶとい。




実写っぽい空気


アニメというよりも実写っぽい空気がある。
特撮ものをハードにしたらこんな感じになるのかなーって感じ。
人が死ぬゴレンジャーみたいな。




まとめ


誰かの記憶に残っておいて欲しいアニメ。
SFとして良く出来てるし、作画も低予算だったとは思えないほど丁寧に作られいてる。
シリアスな世界観ながら、キャラ同士の掛け合いも面白いし、作品としてのバランスもいい。
偶然なのか意図的なのか色々と噛み合っていいものが生まれた感じ。

全31話で、最終話もちゃんと面白い。



ただSEは今聴くとものすごい古さを感じる。
まあこの辺も味といえば味だけどね。






Category: アニメ紹介&レビュー

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 赤い光弾ジリオン  アニメ  レビュー  タツノコプロ  石川光久  関俊彦  井上和彦  水谷優子 
tb 0 : cm 2   

コメント

ずいぶんと懐かしいアニメですね。
年がばれるかもしれませんが実は本放送を見ていました。
今でいう「オーディオドラマ」的な物もありまして媒体はカセットテープだったのが歴史を感じますね。
ちなみに「光線銃」というワードですが、実はこのアニメおもちゃの光線銃の販促アニメだったりします。
なのでおもちゃの銃がモデルチェンジした際、併せてアニメの方もチェンジしています。

くろとり #- | URL | 2017/03/11 20:59 [edit]

Re: タイトルなし

私は再放送、レンタル、ニコニコなどで見ました。
ニコニコ動画では過去には一挙放送もありましたが、評判良かったですね(昔のアニメとは思えないぐらいに

光線銃は、調べてみると今でも普通に使われる用語っぽいですねw
個人的には古いイメージがあったのですが。



>販促アニメだったりします。

昔はそういうのが多かったようですね。
ガンダム、ミクロマンなどもそういった要素が強かったそうですし。

ルイ #- | URL | 2017/03/11 22:02 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6541-af89ad57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)