龍の歯医者「後編・天狗虫編」感想 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

龍の歯医者「後編・天狗虫編」感想 

龍の歯医者

話はともかく、絵的には面白いアニメでしたね。
止め絵も多いけど、動く時は動くって感じ。
物が壊れるシーンが良かった。




龍の歯医者


彼の国には龍が棲んでいる──神話によれば、古の人々との契約により、龍は人を助け、人は龍を助けるという。
舞台は “龍の国”。主人公は、国の守護神 “龍”を虫歯菌から守る新米・歯医者の野ノ子。
隣国との戦争が激化する中、ある日彼女は、龍の歯の上で気絶した敵国の少年兵を見つける。
少年の名はベル。
大きな災いの前に龍が起こすと言われる不思議な現象で、巨大な歯の中から生き返ったものだった。


スタッフは以下。




感想


ジブリとエヴァを足した感じ?

アニメ映画を作るぐらいの感じで制作したんじゃないかな。
けど映画館でやるほどの力はない、みたいな。

全体的にいいペースで展開していたと思うけど、話のテンポが終盤遅かったですね。
そこはちょっと見辛い感じ。
テーマとかモノローグが作品の邪魔をした形。



まとめ


映像が9割な作品。
部分的にやりたいことがあって、そこに力を入れたんでしょうね。
馬で駆けるシーンや軍人同士の戦闘、武器や乗り物の破壊されるなど、そういったところが印象的。

ただそういうシーンが多いと龍の歯医者ならではの設定が生きないよね。
前編は龍の歯医者ならではの戦闘、動きが多かったのに、そこが勿体無い。

悪意を持つものだけが死んでいく流れ自体は良かったけどね。
まさに自業自得。
攻めた分だけ被害が広がる話はけっこー好き。




<スタッフ>
野ノ子:清水富美加
ベル:岡本信彦
悟堂:山寺宏一
柴名:林原めぐみ
ブランコ:松尾スズキ
有栖川:名塚佳織



にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ



Category: 龍の歯医者

Thread: アニメ・感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 龍の歯医者  アニメ  NHK  日本アニメ(ーター)見本市  感想 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6517-214e3aa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)