リアリティの無さがガンダムを殺す 鉄血のオルフェンズ 第43話の感想 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

リアリティの無さがガンダムを殺す 鉄血のオルフェンズ 第43話の感想 



BLEACHみたいだなと思いました。
モビルスーツ戦の動きとか、展開とか、強さの基準とか。
強くなるのを待ってからいい勝負すんのやめない?




第43話「たどりついた真意」


テイワズとの関係を失った鉄華団にとって重要な存在となったマクギリス。彼の真意を問うために仮面の男が現れるが……。




感想


なんやかんや引っ張っていた仮面の男が仮面を取る。
チョコレートの隣の人だと思われている環境で仮面を取るのは、さぞ勇気が要ったことだろう。
つーか顔めっちゃ綺麗やん。


もっとくちゃっとしてるのかなーと思ったけど、全然そんなことなかった。
ストVのナッシュみたいにメカっぽくもないし。
まあ顔だけが綺麗で、首からしたが酷い状態だったら、それはそれはエグいけどね。
ロボ・コップがちょうどそんな感じ。


しかし真意を聴くために登場というのは有りとしても、モビルスーツで登場したのだから、先にバエルを壊すとか、搭乗前のマクギリスの足を撃つとか(それはそれで難しいと思うが)、それぐらいした後で回想に入って欲しかった。
ミカだったら即撃ってたと思う。



バエル


ガンダムフレームでの最初のガンダム。
乗れたら王、みたいなノリなのかな?
でも多分昔の文化かなにかだろう。

王様の剣じゃないんだから。
モビルスーツじゃなくてもええやんって気にさせる設定。
まあSFと古代文明との親和性は何気に高いけども。
スターゲイト(SG-1もアトランティスも)とかだいたいそんな感じだったし。


一応乗る側にもリスクはあるらしい。
じゃなかったらみんな乗ってるだろう。
ふと思うのはバエルにC4でも貼り付けてれば良いってことだな。
それで視聴者が納得するわけもないだろうけど。
でも中身は精密機械だし、ちょっとした爆発でも充分だよ?

このアニメは視聴者を納得させるっていうのが課題(制作陣営の)としてあって、物語のレールを制作陣が作ってる感じがしないんですよね。
ジャスレイは当然死ぬし、ダラダラと生きのこっているイオクも現実を突きつけられて死ぬだろう。
イオクなどはもっと早くに死んでいてもおかしくなかったけど、ジュリエッタの心情変化を見せるには生存してもらうしかないからね。
そうやってキャラを無理矢理動かしてる内にどんどんリアリティが減っていくわけだ。




総評


なんだかんだあったけど、展開的には『逆襲のシャア』に似ている。
ガエリオがシャアで、マクギリスがアムロ。
シャアがアムロにνガンダムで戦わせたように、ガエリオもバエルに乗らせたかったのだろう。

正々堂々と戦って納得できるのは戦っている本人で、巻き込まれた人達はたまらんやろね。
君らのせいでいっぱい死ぬからね?
悠長にマクギリスと会話したいなら、ほんともうバエルぐらい壊しといて。


鉄血のオルフェンズの良さは結局鉄華団絡みなんだよね。
名乗りを上げているカルタを攻撃するような彼らが面白いわけよ。
でも最終話でマクギリスとガエリオの接戦を見せられても面白く無いじゃないですか。
前座としては良い人達だとは思うし、2人の内の勝者とミカが戦うとか、そんな感じに落ち着くんだろうけど。
って誰もが予想しているわけだから、制作陣は何か別のものを用意しないといけないと思うんだな。



トーカのいやらしい表情は良かったです。
チョコレートの人に肩入れしているのか、単純に機体萌えなのか。




第42話|次回(2/19



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期

<キャスト>
三日月・オーガス:河西健吾
オルガ・イツカ:細谷佳正
昭弘・アルトランド:内匠靖明
タカキ・ウノ:天﨑滉平
ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎
ナディ・雪之丞・カッサパ:斧アツシ
メリビット・ステープルトン:田中理恵

クーデリア・藍那・バーンスタイン:寺崎裕香
アトラ・ミクスタ:金元寿子

マクギリス・ファリド:櫻井孝宏
ヴィダール(仮面の男):松風雅也

イオク・クジャン:島﨑信長
ジュリエッタ・ジュリス:M・A・O

名瀬・タービン:鳥海浩輔
アミダ・アルカ:田中敦子
ラフタ・フランクランド:日笠陽子
アジー・グルミン:國立幸
エーコ・タービン:久保ユリカ
ビルト・タービン:芳野由奈


にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ



Category: 機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ

Thread: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

Janre: アニメ・コミック

Tag: 機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ  感想  アニメ  河西健吾  細谷佳正  サンライズ  レビュー 
tb 5 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6488-4cec1483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話(第二期18話)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話(第二期18話) 『たどりついた真意』 ≪あらすじ≫ 本部施設を掌握したマクギリスは、全ての「力」の象徴たるアグニカ・カイエルの魂が宿る機体を目指す。 公式ホームページ更新後改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◇子供の論理はどこまで通用するか 残り話数などを考えても、最終的にはここへ物語は収束していく...

刹那的虹色世界 | 2017/02/12 20:14

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話 『たどりついた真意』 すべてを背負って力を求めるものを倒すって...主人公じゃね?

マクギリスって元男娼?三日月に勝るとも劣らないすさんだ境遇。不幸な身の上から貪欲に力を求めるようになったと。 そして演説した自己陶酔男、鉄華団に現る。ライザ・エンザにドン引きのオルガ達。なんかイオクに似ている、ババがこっちにやってきた感。  やっと会えたな、バエル。アグニカ・カイエルが乗っていたガンダムみたいです。そこにやってきたのはヴィダール。警備どうなってるの。遂に仮面を脱ぎ捨...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2017/02/12 20:34

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真意」

力の絶対的象徴みたいなマッキーのバエル(おお、カッケー)、亡霊ガリガリくんのヴィダール。阿頼耶識祭りでバルバトスに比肩するMSが二体出張ってきた。なんだかオルフェンズな鉄華団と子供呼ばわりのマッキーが子供サイドと対してなかなかの風格漂わせるラスタルの大人サイド、みたいな構図になってきた感じ。そういや本作って当初そういう子供VS大人みたいな感じだったけ。すっかり忘れてた。 そ、そんな…ま...

悠遊自適 | 2017/02/12 20:39

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #43「たどりついた真意」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第43話を見ました。 #43 たどりついた真意 ギャラルホルンの本部施設を掌握したマクギリスは薄幸な幼少期からのファリド家の跡取りとして拾われた後も不幸な境遇は変わらずにいた。 力を求め続けるマクギリスが見つけたのは最高の力の象徴であるギャラルホルンのトップのアグニカ・カイエルであった。 アグニカ・カイエルに呼びかけるマクギリスの...

MAGI☆の日記 | 2017/02/12 22:17

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯43「たどりついた真意」

評価 ★★☆ 大人になれない僕らのわがままをひとつ聞いてくれ           

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2017/02/18 21:58