【ダイの大冒険】クロコダインは実は知的キャラ - こう観やがってます
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

【ダイの大冒険】クロコダインは実は知的キャラ 

獣王クロコダイン

キルバーンとミストバーンを前にして逃走を選択するシーンが一番好き。

逃げたのはポップを信頼しているからなんよね。
キルバーンが驚くのと相まって印象に残りやすいシーン。




本人曰く「頭が悪い」らしいが


見た目パワーキャラで、実際ダイの第一印象でもパワーだけならハドラー以上といった個性で登場したクロコダイン。
その後もブラッディースクライドで貫かれたり、ギガブレイクを食らったりなどタフネスぶりが目立つのは確かだけど(実際凄いタフ)、徐々に知的な部分が目立つようになって行く。



vs親衛隊


ハドラーの部下として登場したオリハルコン軍団。
硬いしつおい。

戦いの最中、クロコダインは「個々の能力ではオレたちよりもはるかに上だ」「力に力、速さに速さでは対抗しても絶対に勝てんッ!」「むしろ異なった能力で立ち向かっていくべきだ」と言い放ち、そこから状況が打壊されていく。

個々の能力ではオレたちよりもはるかに上――と言えるところが年長者っぽいですね。
経験値の高さが伺える(30歳ぐらいらしいが

ちなみに、この時はぎりぎりインフレ展開にも対応していた事もあり、『獣王激烈掌』でシグマの腕をねじ切ったりもした。
歯車的砂嵐の小宇宙やね。



vsキルバーン


ミストバーンもいる。


ポップの独断専行であわや大惨事といったところに登場したクロコダイン。
バラン戦で完全にポップを信頼したクロコダインは状況を一瞬で判断し、海へ一撃を放ちそれを目眩ましにして逃走。

「まさかあの勇猛で名高い獣王クロコダインがいきなり逃げを打つとは」

読者視点だとクロコダインが戦っても勝てないことは予想できる。
だからこそ逃げを選んだクロコダインの判断力が確かだと思えるわけですな。

キルバーン的にも地味に痛いのが良い。
ここでポップを倒せていたらバーンの勝利だったんじゃないかな?
個人的にはポップを倒したがっていたキルバーンも嫌いじゃない。

全体的にダイの大冒険は敵側にいるキャラクターが評価を決定付けることが多いかな。
クロコダインの評価もバラン、ヒュンケル、ハドラーなどに一目置かれていたことで上がった部分もあるだろう。



『黒の核晶』から仲間を守る


守護ってクロコダイン。

仲間を地中に埋めて爆発を回避。
周囲がエライコッチャになっていたことで、クロコダインの判断が正しいと分かった。
ちなみに、クロコダインの前に親衛隊のブロックが同じことをしている。

そういやブロックも良いキャラクターだったなぁ。
バーンも激おこだったし。



ザボエラの最期


哀しい事件だったね。

ザボエラの行動に気付いたのがクロコダインだけというのは、良くも悪くも利用された事実が過去にあったからだと思う。
クロコダインはもうその手は食わん……そういった風にザボエラの行動を読み、ザボエラの最期となる。
「かしこさ」はザボエラの方が上だったが、頭の良さではクロコダインの方が上だったように思える。
そもそもステータスにおける「かしこさ」ってのは武器の1つなんだろうな。

クロコダインは自分もザボエラのようになっていた可能性を示唆したが、バダックがこれを否定。
初期の頃からなかなかにイカしたじいさんである。
酒を飲むシーンとか割りと好き。




まとめ


なんかクロコダインのカッコ良さをアピールするかのような記事になってしまった。
まあそれも狙いではあるんだけどさ。

知的という意味では真空の斧で空気流のバリアを作りポップのメラゾーマを防ぐってのも当てはまるかもね。
パワーキャラがああいう防ぎ方をするというのはめずらしいし。


ちなみに好きなセリフは、

「オレは男の価値というのは どれだけ過去へのこだわりを捨てられるかで決まると思っている」

これね。
今聞くと沁みる。
名言大賞があったらノミネートされてもいいと思う。




関連記事
今読んでも普通に面白い「ダイの大冒険」 漫画レビュー



漫画ランキング
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ



Category: 漫画_レビュー

Thread: 漫画の感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: クロコダイン  ダイの大冒険  漫画  紹介  ポップ  ヒュンケル  バラン  ハドラー  バダック 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6471-cdfccbf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)