桂vs猩覚! 銀魂. 第320話「ヅラ」感想 - こう観やがってます
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

桂vs猩覚! 銀魂. 第320話「ヅラ」感想 

銀魂゜

棒には玉がつきものだ。

ど下ネタやないかい。
でも玉(爆弾)より棒(サムライソード)の方が強いんだよな、この世界では。



第320話「ヅラ」


神楽の故郷である烙陽に降り立った銀時たちを待っていたのは、虚に率いられる春雨の猛攻であった。
銀時、桂、坂本の奇襲により辛くも窮地は脱したが、圧倒的な兵力差に変わりはない。散り散りになった三人の前に立ちふさがるのは、『三凶星』と呼ばれる猛者たちである。
桂の前には、海王星の猩覚。猩覚のすさまじいパワーに押される桂であったが、決意を固める。一匹の侍(えてこう)になることを――。
そして、今まで語られなかった桂の過去が明らかになる。





一匹のエテ公に


組織で部下としてやっていくなら桂か坂本かもね。
銀時、坂本も仲間思いではあるけど、生存率はかなり下がりそうだ。
そういや黒子のバスケのパチもんみたいなキャラもいたよね?

奇しくもエテ公対決ということで、パワーキャラっぽい猩覚に一歩も引かない逃げの小太郎。
ちなみにこの作品のパワーキャラは刃物を歯でガードするという特徴がある。テストに出ますよこれ。



最強談義


銀時と高杉が有力。
まあ桂への布石なんだけどね、回想は。
でも一番役に立ってるのは坂本だと思うけど。戦は数じゃなくて武器だからね。




まとめ


最後の頭突きが幽遊白書にしか見えない。
ナイフエッジデスマッチとか懐かしいですね。最近読み返したばかりだけど。

桂っぽくない戦い方ではあったけど、本能的には銀時達と変わらないってところだろう。
仲間がいるから普段は個では戦えない。
そういう解釈でいいと思う。
言うて結構自由だけどな、桂は。

猩覚は引き際が良かったですね。
「負けだ」とちゃんと口にする敵キャラはあんまいないですよ。
このまま仲間になってもいいと思わせるキャラクターである。。


一方で坂本達の方はザクさんがお相手。
かと思ったらガンダムさんになった。
まあサンライズだからね。大丈夫だろ。アムロも出たし。

予告が喜喜だったので、彼の動きにも注目しましょう。




銀魂.


アニメシリーズとしては4期。


<スタッフ>
原作:空知英秋
総作画監督:竹内進ニ
監督:宮脇千鶴

<キャスト>
坂田銀時:杉田智和
志村新八:阪口大助
神楽:釘宮理恵

近藤勲:千葉進歩
土方十四郎:中井和哉
沖田総悟:鈴村健一
山崎退:太田哲治

桂小太郎:石田彰

高杉晋助:子安武人
河上万斉:山崎たくみ
来島また子:早水リサ
武市変平太:茶風林

神威:日野聡
阿伏兎:大塚芳忠

服部全蔵:藤原啓治
猿飛あやめ:小林ゆう
百地乱破:佐藤利奈

佐々木異三郎:森川智之
今井信女:平野綾

徳川茂茂:小野友樹

吉田松陽:山寺宏一
朧:井上和彦
虚:山寺宏一


にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ



Category: 銀魂

Thread: 銀魂

Janre: アニメ・コミック

Tag: 銀魂゜  感想  アニメ  杉田智和  阪口大助  釘宮理恵  石田彰  小山力也 
tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6461-59d25ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

銀魂. 洛陽決戦編 四「ヅラ」

評価 ★★★ 棒には玉がつきものだ!            

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2017/02/03 21:59