弱虫ペダル NEW GENERATION 第3話「手嶋、魂の走り」感想 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

弱虫ペダル NEW GENERATION 第3話「手嶋、魂の走り」感想 



歌はいいね。
歌は心を潤してくれる。リリンの生み出した……なんだっけ?

ほんと、変なの多いね、この作品は。
そういう奴は大抵強い。




第3話「手嶋、魂の走り」


秋の「峰ヶ山ヒルクライム」に出場する総北高校の坂道、今泉、手嶋。インターハイの優勝者として注目を集める坂道だが、不調から抜け出せず、不安で萎縮してしまう。一方、箱根学園は2年生の葦木場拓斗を送り込んできた。202cmという長身を活かした"メトロノームダンシング"で他を圧倒する葦木場に対し、総北の新キャプテン・手嶋が魂の走りで挑む!




感想


なんてダンシングなんだ……!
って巻島さんも似たような感じやったやん。

それに追いすがるは手嶋。
因縁対決。

しかし能力値は葦木場といったところ。
手嶋は精神力で追いすがってる感じか。
まあ手嶋はこういう役回りやよね、昔から。

今のステータスなら去年の鳴子以上なんだけど、その頃には強くならないのが物語の強制力。




総評


第九からの運命。
命を運んでくると書いて運命とはよく言ったものだ。
葦木場にとって手嶋は運命の人だからね。

演出は気持ち悪いけど、ホモ展開の前フリと考えるとこれも味かな。
小野田復活の手助けをしたということが手嶋の凄さ。
弱泉くぅんにはできひんことやね。


レースの方は次回で決着かな。
葦木場が小野田に驚いて負ける感じだろう。




アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 弱虫ペダル

Thread: 弱虫ペダル

Janre: アニメ・コミック

Tag: 弱虫ペダル  感想  アニメ  葦木場  第九 
tb 2 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6451-42bd8d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

弱虫ペダル NEW GENERATION 第3話「手嶋、魂の走り」

第3話「手嶋、魂の走り」 し、使徒襲来!?

いま、お茶いれますね | 2017/01/24 20:22

弱虫ペダル NEW GENERATION テレ東(1/23)#03

RIDE. 03 手嶋、魂の走り 峰ヶ山ヒルクライム、全長16Kmの大会。箱学から1人で葦木場が参加した。今までは無期限謹慎だった。小野田坂道と走るために参加した。 今泉には親衛隊が出来ていた。坂道にも黄色い声援が飛び交う。強さはファンを増やすのだった。手嶋は不調の坂道を気遣っていた。 葦木場は身長が2mを超える巨体、1位を取るために メトロノームダンシングでトップを狙う。総北に並んで坂道に...

ぬる~くまったりと | 2017/01/24 22:45