機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話がつまらないと思った理由 - こう観やがってます
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話がつまらないと思った理由 



予定調和はもう要らない。

イオクが殺されることを前提として作ってるんだろうけど、もうちょっと何とかならんかったの?
モビルアーマーの時に退場していたほうが良かった。
まあそうなると彼の会議中の馬鹿発言も無くなっちゃうわけだが。

面倒なキャラクターである。



死ぬことが前提の描き方


タイトル:「燃ゆる太陽に照らされて」


1期では昭弘が死亡フラグを立てておきながらも、それをはねのけて生還という、なかなか面白味のある展開があったんだけど、今回はその逆。
兄貴、アミダが死ぬことを前提として作られていることが序盤で分かりきっているので、そこは裏切って欲しかった。
フミタンが死んだ時と同じようながっかりさ加減。
せめてイオクを道連れにしていればね。

兄貴の特攻がそれたのは、後に復讐をネタとして使いからだろう。
そういう分かり易い展開はもう過去に何度もやっただろうに。何度同じことをする気だ。
何ならアミダの最後の攻撃で落ちてても良かったよ。



誰が誰の仇を取るのか、その前振りとして


これでイオクが最後まで生き残ってたらそれこそ笑える。

この作品はリアリティより『流れ』で成立しているような作品なので、それでいくとタービンズの誰かがイオクを殺す可能性が高い。
ラフタが生き残ったのもそういう理由かもしれない。
……単にラフタに釣り合うキャラクターがいなかっただけかもしれないが。

それとラフタには回収していないフラグもあるしね。
昭弘のアホがアホじゃなくなるまでラフタは死なないだろう。
彼がその気にならないとフラグすら成立しない。
今はせいぜい戦友程度の関係(なので死なない



物語に使われるイオク


なぜモビルアーマーの時にイオクが死ななかったのかというと、後の会議でマクギリスに盾突き孤立させるためだろう。
そうすることで彼がよりアホな行動にでる流れを作ったわけだ。
……と思ってたし、実際それもあるんだろうけど、今回の話を見るとそれ以上にジュリエッタ・ジュリスの存在が大きくなってきた。

彼女も物語の流れに巻き込まれるんだろうね。
目の前でイオクが殺されるか、イオクを守って死ぬか。
思いつくパターンはこの2つしかない。
後者の方がありがち。だけどベッタベタなのは前者。直後に特攻して死ぬパターン(どっちみち死ぬ


キャラクターに物語を作らせればいいのにね。
このままだとイオクとジュリエッタが同じような死に方になっちゃう。
そうなるとなんとなくジュリエッタが不憫に思えちゃう。

まあ物語の都合で死ぬことが決まっているイオクが今も生きていることのほうが不憫かもしれんけどね。
視聴者はすでに彼がどうやって死ぬのか予想している段階だよ。
下手すると制作陣はそれを知っていて、あえて終盤まで引っ張る気なのかもしれないな。
ますます不憫だ。


キャラクター的にはカルタ・イシューが近いんだけど、彼女は退場が早かったし、実質裏切られてるしね。
ダメな子ではあったけど、まだ好感度は維持できた。
まあビスケットの件があるし、彼女もアウトといえばアウトなんだけどね。



まとめ


イオクみたいなキャラクターに兄貴、アミダが殺されるという展開は見てて楽しいものじゃあ無いよなぁ。

長い目で見た時に、それはつまりこの先イオクに惨めな思いをさせるために、こういう展開にしたんだろうけど、回りくどいよね。
ほんっと前時代的。
展開が古い。



オルガが「宇宙の広さ」がどうとか言っていたけど、この作品は世界が広いと思う。
結果、地球規模で行われている戦争と同じような世界観になってる。
小物が活躍するのはそういったことが根底にあって、だからモビルスーツの扱いが下手でも指揮官として無能であっても今まで生き残ってることへの違和感が実はあんまり無い。
家柄=生存率という図式が成り立つからね。

だけどその理屈でいうと鉄華団みたいな組織が生き残っていることへの違和感が生まれちゃうんだな。
鉄華団が生きのこるような世界なら、世界観はもっと狭くないといけない気がする。
あるいは兄貴が想像以上に有能だったのか。




次 ラフタは生きのこっていると思いたい 鉄血のオルフェンズ 第41話



機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期

<キャスト>
三日月・オーガス:河西健吾
オルガ・イツカ:細谷佳正
昭弘・アルトランド:内匠靖明
タカキ・ウノ:天﨑滉平
ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎
ナディ・雪之丞・カッサパ:斧アツシ
メリビット・ステープルトン:田中理恵

クーデリア・藍那・バーンスタイン:寺崎裕香
アトラ・ミクスタ:金元寿子

マクギリス・ファリド:櫻井孝宏
ヴィダール(仮面の男):松風雅也

イオク・クジャン:島﨑信長
ジュリエッタ・ジュリス:M・A・O

名瀬・タービン:鳥海浩輔
アミダ・アルカ:田中敦子
ラフタ・フランクランド:日笠陽子
アジー・グルミン:國立幸
エーコ・タービン:久保ユリカ
ビルト・タービン:芳野由奈


にほんブログ村 アニメブログ 今日見たアニメへ



Category: 機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ

Thread: 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

Janre: アニメ・コミック

Tag: 機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ  感想  アニメ  河西健吾  細谷佳正  サンライズ 
tb 5 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6448-3c8e34c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話(第二期15話)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話(第二期15話) 『燃ゆる太陽に照らされて』 ≪あらすじ≫ ジャスレイとイオクの罠にかかり違法業者として追われる身となった名瀬らタービンズ。名瀬はオヤジに自分の女たちの行く末を託して自ら犠牲になることを決める。一方、応援を出そうとするオルガだったが――。 公式ホームページ更新後改訂予定。 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感...

刹那的虹色世界 | 2017/01/22 21:26

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」

姐さん強し。ジュリエッタさんもそれなりに守るものがあるが、新型機をもってしても姐さんの想いには敵わなかった。 予告フラグ通り、兄貴と姐さんが死亡。もっとしこたま死ぬかと思ってたが、幾らか犠牲者は出したもののタービンズの犠牲を最小限に留めたと見ていい。兄貴のブレーキ知らずな特攻と姐さんの奮闘、家族を守りそして繋げた2人。まあ、分かりきった展開だが綺麗な散り様だったかと。昭弘くんらは流石に...

悠遊自適 | 2017/01/22 21:45

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #40「燃ゆる太陽に照らされて」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第40話を見ました。 #40 燃ゆる太陽に照らされて ジャスレイとイオクの罠によって違法組織として追われる身となった名瀬はタービンズを解散して自分の女達をマクマードに託して自ら犠牲になることを決める。 一方、応援を出そうとするオルガだったが、マクマードに巻き添え喰らって潰されてしまうと止められてしまう。 「分かった。言っとく」 ...

MAGI☆の日記 | 2017/01/22 22:52

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話 『燃ゆる太陽に照らされて』 アミダ姐さんが真田丸状態!!

ジュリエッタとジュリア無双かと思ったら。アミダが強いのなんのって。同性能のMSなら勝っていたのはのは間違いなくアミダ。あとジュリエッタのMS名ジュリアって…ヴィダールの真似?  タービンズ解体、女達はマクマードが引き取る。立つ鳥跡を濁さずの言葉通りに根回しする名瀬。もう死を覚悟しているみたいですね。しかし親父がやってくれるのはここまで。後は関係ない、という姿勢を崩さな...

こいさんの放送中アニメの感想 | 2017/01/23 01:08

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯40「燃ゆる太陽に照らされて」

評価 ★★★☆ 兄貴……           

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2017/01/28 22:17