【北斗の拳】ラオウってそんなカッコよかったっけ? - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

【北斗の拳】ラオウってそんなカッコよかったっけ? 

トキが知っておるわ

サウザーの体の謎を知ってから強気になる拳王様である。

秘密を解いたトキを自慢したかったんだとしたらちょっと好感持てる。
兄弟愛もテーマみたいなもんやし。無くはないんちゃう?




割りとビビリなラオウ様


サウザーからは逃げ、ケンシロウに怯え、山のフドウには恐怖と、言うほど強者体質では無いと思う。
レイにはマント、トキ戦ではナイフ(短剣?)を出すなど、拳法家としてもどうなのって感じである。
非常な帝王であればそれも別に構わないんだけどね。
勝てばよかろうな精神でよかろうなのだ。

けどラオウって漢らしいイメージが強いんですよね。
多分昇天で逝ったから、その印象が強いんだろう。
終わりよければなんとやらである。



サウザーには北斗神拳が効かない


そんなことはない。
心臓の位置が違うので秘孔の位置も違うだけである。
ちなみに原作では「心臓」というワードを使っていたけど、実際は内臓逆位(他の内蔵も逆)のようだ。

ラオウはそのことを知らず、サウザーには北斗神拳そのものが通じないと思っていたらしい。
ちなみに「天の覇王-北斗の拳ラオウ外伝」では互いに戦った後、互いに相手の強さにビビって今後は戦わないでおこう、みたいなやり取りをする。

まあラオウの膂力があれば秘孔とか関係ない気もするけどね。
コンクリとか普通にぶち破るし。



トキの足に短剣


総合格闘技でオイルを使うような感じ。すっごい滑るよ!
いや実戦なので短剣ぐらい別にいいんだけど、拳王言うてるからね。
拳で戦って欲しいなーと(蹴りは許す

ラオウはキャラがブレブレだった時期があって、短剣を使った時は悪いラオウだったと思う。
その後テコ入れでいいラオウになって、そこから少しずつカッコいい(っぽい)ラスボスになっていった。
ちなみに初期のラオウは一人称もブレブレだった。

一人称ブレブレな拳王様

二人称は「うぬ」「おまえ」「きさま」など色々ありましたね。
まあ相手によって変えてる時もあるから、ちゃんと考えて言ってる可能性もあるけど(多分ない


レイ戦でマントを使ったのは悪いラオウだったからですね。
後年のラオウなら素手で戦っていたと思う。



vs山のフドウ


昔ビビらされた鬼。
戦った時期はケンシロウの無想転生に敗走した後。

ケンシロウに勝つためにフドウと戦った感じ。
恐怖を克服する意味もある。
が、やっぱり怖かったようだ。
戦いは序盤こそラオウだったが最終的にはフドウが推す形に。

しかし拳王軍がフォローして何とか勝利。
……実質負けっぽい内容だった。

でも一連の流れでラオウの努力家っぽい一面は見れた気がする。
トキとは対照的ですね。



まとめ


ラオウ昇魂式ってあったなーと思い出してたらこういう記事を書きたくなった。
もうね、拳王軍を見れば、ラオウのレベルが分かるってもんですよ。
作風の問題もあるけどね、実際は。
悪いヤツ出さんと話が進まんし。

まあケンシロウ自身、ラオウを倒した後もラオウのほうが自分より強いと言っているのでそれでいいんだろう。
ただラオウというキャラクターが生粋の強者であるということは無いと思う。
だって物語が始まる前から心が折れてるからね。若い頃にはフドウに、身体が大きくなった後もリュウケンに。

その後は天才はトキと言われ、伝承者争いにも加われず、愛した女はその伝承者へ……あんまり良い人生送れてなくない? 一片の悔いはあったと思う。
しかも「天に帰るに人の手は借りぬ」と言っていたのに昇魂式までされてしまう。
死んだ後もままならない人生である。








Category: コラム

Thread: 漫画

Janre: アニメ・コミック

Tag: 北斗の拳  ラオウ  拳王  拳王軍 
tb 0 : cm 2   

コメント

北斗の拳のキャラってイメージ補正が強いと思います
レイだって改めて見るとケンシロウと互角だったのは最初だけで、途中からかませ犬的な役回り、果てはユダみたいなネタキャラが最後の対戦相手ですし。
しかも初登場時は女装してたし、女性の服を切り裂いて全裸にした前科もちです。
でも、全体的にカッコいいイメージが強いので些細な黒歴史は忘れられてしまうんですね。

#- | URL | 2017/01/06 21:24 [edit]

Re: タイトルなし

行き当たりばったりな作品だったと思います。北斗神拳なんてものは元々は影でこそ生きる暗殺拳という設定で、陽としての拳法が南斗聖拳だったわけですし。


レイは強いはずなのですが、ラオウ戦であっさりとやられたことでかませっぽい空気になりましたね。戦術の差もあったかもしれないと、個人的には思いますが。南斗水鳥拳が当たるとラオウでもさすがに無事では済まないので、作者なりに考えた結果ああいう戦いになったのでしょう。
マントによる不意打ちを選択したラオウの行動も見方を変えるとレイにビビっていたのかも?



>女性の服を切り裂いて全裸にした前科もち

パンツを残しているところが優しいと思います(苦笑

ルイ #- | URL | 2017/01/06 23:07 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6418-ad3467b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)