恩田陸の処女作『六番目の小夜子』 レビュー - こう観やがってます
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

恩田陸の処女作『六番目の小夜子』 レビュー 



恩田陸の小説は『謎』が魅力。
ジャンルはファンタジー&ホラー。だけど感覚的にはミステリー。
推理要素と推理したくなる要素が噛み合った良い作品です。




内容


津村沙世子――とある地方の高校にやってきた、美しく謎めいた転校生。高校には十数年間にわたり、奇妙なゲームが受け継がれていた。三年に一度、サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれるのだ。そして今年は、「六番目のサヨコ」が誕生する年だった。学園生活、友情、恋愛。やがては失われる青春の輝きを美しい水晶に封じ込め、漆黒の恐怖で包みこんだ、



感想


実在する沙世子がファンタジーの『サヨコ』として扱われるところから物語が始まる。
その掴みが非常に上手くて、世界観にすぐに入り込めた。
『謎』の見せ方が上手いですね、この作者は。

話の落とし所もストレートで、読み終えた後にすっきりした(ただし後半が微妙という意見も多い
非日常から日常になる裏切り感が良い作品。

物語は学生メインで進むけど、主役とヒロインが大人びているので読みやすいです。
若いのに達観しているというか、恩田陸が描く若者は大人びたキャラクターが多いね
ただしモブキャラはアホ。こういったところに作者の性格が出てると思うな。



まとめ


上でも書いたけど話の落とし所がいいですね。
異常なことがあった後にさらりと日常に戻るところにリアリティを感じる。

若干の青春成分があるけど、ミステリーや推理小説が好きな人にはオススメの小説です。
古い小説だけど話のテンポが良く、物語の見せ方も今風。
最近の恩田陸作品が読める人ならこれもいけるはずです。
処女作にして集大成。……てのはさすがに言いすぎか。







Category: 小説

Tag: 恩田陸  六番目の小夜子  レビュー  小説 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6414-a7b1b570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)