ドラマや映画の感想 『半沢直樹』『タイタンの戦い』 など - こう観やがってます
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

ドラマや映画の感想 『半沢直樹』『タイタンの戦い』 など 

ドラマ
・半沢直樹(5話まで

映画
・タイタンの戦い
・ハンガー・ゲーム(2、FINAL: レジスタンス、FINAL: レボリューション含む)
・レディ・イン・ザ・ウォーター


倍返しってよくよく考えてみたら少なくない?
一発殴られて、二発殴り返してもチャラにはならなくない?
殴られたほうが損でしょ。




半沢直樹


5話まで視聴。そして5話が面白かった。
話的には前半戦が終了したところ。
5億を返して復帰+昇進といった流れ。

このドラマは起承転結の転と結が面白いんだけど、結局前フリが長いんですよね。
クライマックスとオチだけでいいなーと思っちゃう。それで話も分かる仕様ですしね。

やられたらやり返す展開は気持ちいいんだけど、制作サイドが半沢直樹を良い奴として見せたがっていて、その部分がいらないなーと思う。
5億に関する問題だってスマートフォンに盗聴器付けてたら終わってたわけでしょ。
半沢の部下が上司との会話を録音したのはオッケーで、盗聴は駄目という線引は無いはずですよね。


しかしかの有名な「倍返し」も、ノリでかっこよく見えるんだけど、よくよく考えてみると意味不明なところあるよね。
結局半沢がメリットとかリスクリターンを踏まえて行動するタイプじゃないから、どこか共感しにくい。
具体的には復讐したいと思う気持ちは共感できるけど復讐のやり方が共感できない。


タイタンの戦い


2010年版。
身体は神様、心は人間――みたいな男が主人公。

ギリシャ神話系の話で有名な神様も多数登場するんだけど、神の価値が曖昧すぎてそこで楽しむのはちょっと難しい。
ただのアクション映画として観たほうが良いかも。

設定が暗く、序盤はちょっと陰鬱な展開が続くけど、展開的には冒険ファンタジーって感じ。案外見やすい。
面白くないという欠点を除けば良い作品。


ハンガー・ゲーム


・ハンガー・ゲーム
・ハンガー・ゲーム2
・ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス
・ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション

4作品あるんだけど、どれもヒロインと物語がアレ過ぎてストレスのたまる映画。
ヒロインが何もしていないのに偉そうということを前提としているところがあって、こういう作品は悪しき文化だと感じた。物語に悲劇のヒロイン症候群を使うのは最低な行為に近い。
系統としては『トワイライト』に近い作品。ヒロインの立ち位置に関してもほとんど同じ。

最終的に良い形に落ち着いたので、最後だけは良かったと思う。
一番見やすいのは「FINAL: レボリューション」
一番つまらないのが「FINAL: レジスタンス」


レディ・イン・ザ・ウォーター


シックス・センス、サインなどを手掛けた監督の作品。
おそらくミステリーに自信があるのだろう。そういう見せ方を意識した映画になっている。

半端なく不評だったらしいけど、映画という枠組みだから不評だったんだろうなと感じた。インパクトと迫力が無いからね。
2時間のドラマ枠だったら高評価だったかもしれないなーと勝手に思ってる。
トータルではイマイチだけど、ファンタジーとアパートの組み合わせ自体は面白い。
ただやっぱり古いかな。時代を間違えた感じ。30年前なら受けた。

監督のコメントが特典映像であったんだけど地味に面白かった。
映画というより謎の見せ方を考えるのが好きなんやろね、この人は。







Category: 映画

Tag: 半沢直樹  タイタンの戦い  ハンガー・ゲーム  レディ・イン・ザ・ウォーター 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6378-cf9c4005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)