三雲修に注目しながら観る! その8「点を取れるのが遊真のみ?」 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

三雲修に注目しながら観る! その8「点を取れるのが遊真のみ?」 

チームとしては成長するも点を取れるのは基本、遊真しかいない。
千佳がいないとワイヤー戦法もなかなか機能しないなど、勝利しつつも新たな課題が。




※注意
こちらは『ワールドトリガー』の感想記事です。
『持たざるメガネ』こと三雲修を中心とした内容になっています。
それでもよければどうぞよろしく。


その8「点を取れるのが遊真のみ?」


どこかのリーゼントも言っていましたが、強くなったとはいえ玉狛第二には遊真以外に点を取れる者がいない。
千佳は高い攻撃力を有しているが人を撃てない弱点がある(『鉛弾(レッドバレット)』は別
地形を変えられるアドバンテージはあっても、遊真がいない時は自発的にベイルアウトするしかない。
トリオンモンスターということもあってシールドが硬く、地味に生存率は高いが、それでも粘着されると厳しい。

こういった要素もあり、玉狛第2は逆転されやすい状況がかなり多いです。
序盤有利であっても、生存点の影響で遊真が落ちたら危ない、という展開がほとんどです。
1、2点のリードは玉狛にとってはあまり意味が無いのかもしれません。

修のワイヤーは強力でしたが、そのため最初に狙われやすいチームであるという指摘もあり、序盤の展開では数で不利になりやすいようです。
最初は目新しさもあって通用していた戦法も、いずれは通じなくなっていく。
複雑な戦い方ほど対策を練られるとほころびが出やすいものです。



ヒュースを勧誘


そこで修が取った手段がヒュース4人目のメンバーとして迎えること。
行動力があるというか、意外とアクティブですよね、修は。
『隊長の務め』を意識しての行動でもあり、修の長所でもある『学ぶ』ことへの貪欲さがそういった行動を取らせたのかもれません。


城戸司令との取り引き


ヒュースはネイバーということもあって入隊は難しい。そういった流れもあって行われた城戸司令との取り引き。
修は前もって取引材料を用意し、林藤支部長の協力など、あの手この手でヒュースの入隊までこぎつけます(ここで千佳の遠征は確定

「悪い知恵ばかりつけていくねぇ……」
林藤を『使った』ことに対する根付さんの台詞。
この時の根付さんの表情が印象的でした。

「根付さんの戦い方から学んだわけだ」
こちらはラグビーやってた人の台詞。
修の長所を言い表していると思います。


迅とのやり取りも事前にあり、そういったことがヒュースが加入するまでの道を作っていたりもします。
『賭け』の勝敗がどう転んでも、結果は同じだったように思いますが。

玉狛第2の加入したヒュース。
あと1人ソロで強いのがいればなぁ~という流れだったので期待も膨れます。
ヒュースの加入で玉狛第2の問題は解決するのでしょうか。




その7「ワイヤー戦術の導入」 | 次 未定






Category: ワールドトリガー

Thread: ワールドトリガー

Janre: アニメ・コミック

Tag: ワールドトリガー  三雲修  漫画  感想 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6326-74024f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)