三雲修に注目しながら観る! その3「時間をかけて対象を攻略するメガネ」 - こう観やがってます
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

三雲修に注目しながら観る! その3「時間をかけて対象を攻略するメガネ」 

この世界にスカウターがあったら、修の戦闘力はB級のなかでは最弱クラスかもしれんね。
前もって準備したものはスカウターには表示されないからね。




※注意
こちらはワールドトリガーの感想記事です。
『持たざるメガネ』こと三雲修を中心とした内容になっています。
それでもよければどうぞよろしく。


その3「時間をかけて対象を攻略するメガネ」


時系列で言うとB級に上がった直後から。



戦闘力はほとんど変わっていない


戦闘力といっても、概念は作品によって違うので定義するのは難しい。
烏丸先輩の教え、B級トリガーなどで強くなった修ですが、B級になっても弱い印象の方が強い。

しかし『時間をかけて対象を攻略する』という修の性格もあって徐々に活躍の場を広げていきます。
戦い方も様になって行き、総合的な強さは着実に上がっていきます。
もっとも初見の相手にはどこまで行っても苦労しそうな感じではありますが。


24敗1分


すっごい負けるよ!
なかなかめずらしいタイプの主人公。

知恵と工夫が評価されたのが風間隊長との模擬戦。
勝敗は24敗1分だったものの、この時の風間さんの評価が現在の修のスタイルを暗示している。
ある意味では、風間さんも師匠みたいなものですね。

この後、地味に菊地原も良い感じに絡んできました。
先輩磁石みたいなところがあるよ、修には。
この作品自体、優秀な先輩が多すぎるってのもあるけど。



修がモールモッドを……


感動したシーンのひとつ。

強くなったことがはっきりと分かるのが『大規模侵攻』でのモールモッド戦。
その時の修のトリオン量は最初の頃とほとんど変わっていないはずですが、見事単独で撃破。
有能な先輩、師匠達の教えもあって、強くなっていることが実感できるシーンでした。
カッコ良く描かれていたので、ここでテンションが上がった人も多いのでは?
アニメ版がニコ生で配信されてましたが、このシーンはコメが多かったですね。

C級に比べるとトリガーも強くなっていますが、それ以上に武器の使い方、敵の対策などが光ったシーンでした。


ちなみに修が単独で最初に倒したのはバンダーというトリオン兵。
B級になりたての頃で、こちらもカッコ良く描かれてます。

三雲氏に倒されるバンダーさん
画像は三雲氏に倒されるバンダーさん



その2「修が弱い理由」 | その4「大規模侵攻後の記者会見」






Category: ワールドトリガー

Thread: ワールドトリガー

Janre: アニメ・コミック

Tag: ワールドトリガー  漫画  感想  三雲修 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6319-bcfcb951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)