三雲修に注目しながら観る! その1「モールモッドに苦戦」 - こう観やがってます
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

三雲修に注目しながら観る! その1「モールモッドに苦戦」 

勝てない敵には勝てない。

ワールドトリガーはそういう漫画です。
そして持たざるメガネの物語はそこから始まる。




※注意
こちらはワールドトリガーの感想記事です。
『持たざるメガネ』こと三雲修を中心とした内容になっています。
それでもよければどうぞよろしく。


その1「モールモッドに苦戦」


遊真と出会って間もない頃、三雲修の通う学校がモールモッドと呼ばれるトリオン兵に襲われる。
修はトリオン体(仮面ライダーの変身みたいなもの。実際はアバターに近いが)になり、クラスメイト達を助けに向かうが……。

と、序盤の展開はこんな感じ。ちなみにモールモッドの前にすでに主人公は別のトリオン兵に負けていたりもしますが。
学校に向かう修の姿は、ヒーローのようであり、主人公らしくもある。
が、向かう直前、遊真は――

「オサムの腕じゃ死ぬぞ?」

これね、「?」が入ってるけど、疑問文って感じではないんですよね。
戦えば「死ぬ」と断言している感じ。
遊真は修より遥かに強く、そのことを修は知っているのでそれが事実であるとすぐ悟る。修は聡い子ですからね。

しかしそれでも修は強い意志を持って学校に行こうとする。
ヒーロー気質ですよね。弱気者を守ろうとするあたりが特に。
しかし遊真はさらに引き止めるように――「いやもう1回言うけど……」と前置きをした上で「オサム死ぬぞ?」と修に言う。


さらにその後、
オサムが20人はいなきゃムリ

「オサムが20人はいなきゃムリだ。それで勝てたとしても20人中18人のオサムは死ぬ」

と、修の戦力を理解した上で断言。
この言い回しが凄く好きでね。『危険の表現』としてすごく上手いと思いますね。
やっぱりキャラクターの発言って物語を支える大事なポイントなんですよ。
遊真の発言で戦力差がこれではっきりと分かる。
修にとって危ない敵というより勝てない敵であるということがよく分かる。


それでも修はモールモッドと戦う選択肢を取ります。
よく言えばヒーロー気質。

これがよくあるジャンプ系主人公なら隠された力が解放されたり、不思議なことが起こってモールモッドを倒すんでしょうね。けど、ワートリにはそういうのは一切ない。
絵柄の割にシビアですよね。

この後、持たざるメガネがどうなったかは言うまでも無いでしょう。
ただし修の性格、意志を汲んでくれる人はいる。
結局、モールモッドは遊真が修のトリガーを借りて倒すことになります。
ちなみに修の時のトリガーは訓練用のものでした。


余談になりますが、早い段階で遊真は修を心配してるんですよね。
タンパクそうな気質に見える遊真ですが、案外彼も面倒見が良いです。
これは遊真が出会って間もない時点で修の性格、人の良さを見抜いていたということでもあります。
まあウソがわかるしね。そういった判断は早いのでしょう。

とはいえ学校の人達が死ぬ可能性を踏まえて修を止めているわけだから、そこは冷たくもある。
修が動いて、遊真がフォロー。この流れが無かったらクラスメイトはもちろん、大勢が死んでいただろう。



目次 | その2「修が弱い理由」






Category: ワールドトリガー

Thread: ワールドトリガー

Janre: アニメ・コミック

Tag: 三雲修  ワールドトリガー  モールモッド  トリオン能力 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6317-4c59aeb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)