食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」 感想 - こう観やがってます
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

食戟のソーマ 弐ノ皿 第10話「新たなる『玉』」 感想 

葉山と潤がエンダアアアアアアア!
歳の差はあるけど潤が童顔なのであんま違和感ないですよ。
むしろ葉山の方が年上に見える?

才能のある奴には負けてもしょうがない――のくだりが良かったですね。




以下ネタバレあり


第10話「新たなる『玉』」 感想


内容:
黒木場の“秋サンマのカルトッチョ”、葉山の“炙りサンマのカルパッチョ”に及ばないと思われた創真の“ぬかさんまの炊き込みご飯”には、秘密が隠されていた!考え抜いた末に生み出したその秘策は、果たして審査員の心を揺さぶれるのか…!?三つ巴の『サンマ』決戦、勝負の行方は…!!


スペシャリテ


創真にとって明確に足りていない要素。
そしてダメ押しの回想。
あの回想の後で創真、黒木場が勝ったら逆に凄い。

界隈ではアキ潤と呼ばれているらしい。
これ見ると原作の葉山の立ち位置も予想できそうですね。
堂島のフラグ発言はミスリード。


敗北の創真


バスケ、バレー漫画とかの最初の年は負けるパターンに似ている。
成長フラグというか、努力と勝利と友情を地で行くスタイルだ。

創真の努力スタイルを説明するくだりが良かった。
成功者は『努力』を口にし、成功者を羨む者は『才能』を口にする……って誰かが言ってたけど、それと同じ理屈でしょう。
努力していない人ほど『才能』って言いたくなるんだろうね、多分。





■食戟のソーマ 弐ノ皿

オープニング:ROUGH DIAMONDS
エンディング:スノードロップ


<キャスト>
幸平創真:松岡くん
肉魅:石上静香
薙切えりな:種田梨沙
新戸緋沙子:大西沙織
田所恵:高橋未奈美
乾日向子:能登麻美子
四宮小次郎:中村悠一
タクミ・アルディーニ:花江夏樹
イサミ・アルディーニ:小野友樹
薙切アリス:赤﨑千夏
黒木場リョウ:岡本信彦
北条美代子:瀬戸麻沙美
貞塚ナオ:後藤沙緒里
葉山アキラ:諏訪部順一
汐見潤:高橋美佳子

一色慧:櫻井孝宏
吉野悠姫:内田真礼
榊涼子:茅野愛衣
丸井善二:小林裕介
伊武崎峻:村田太志

千俵なつめ:日笠陽子
千俵おりえ:日笠陽子

堂島銀:子安武人
幸平城一郎:小山力也

倉瀬真由美:加隈亜衣
中百舌鳥きぬ:久川綾
叡山枝津也:杉田智和



にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: アニメ 2016年7月 

Thread: 食戟のソーマ

Janre: アニメ・コミック

Tag: 食戟のソーマ  弐ノ皿  アニメ  感想 
tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6259-5fd22a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食戟のソーマ 弍ノ皿 十「新たなる『玉』(ぎょく)」

評価 ★★☆ 出逢うことでしか、料理人は前に進めない        

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2016/09/08 21:12