ついに女神族が召喚されるが…… 週刊少年マガジン第37・38合併号の感想 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

ついに女神族が召喚されるが…… 週刊少年マガジン第37・38合併号の感想 

『七つの大罪』に出てきた女神族さんが面白かったですね。

新兵長ネロバスタ。
君のことは多分数日は忘れない。
多分序盤に登場していたら強キャラだったんだろうね。




以下ネタバレあります。


週刊少年マガジン第37・38合併号


感想書くかどうか迷いましたが、ネロバスタさんが面白かったので。
それに一応合併号だし?




七つの大罪


「私は女神族〈新兵長〉ネロバスタ」
新兵長の凄さは分からないけど、言動とか立ち振舞からしてそこそこエリートっぽい雰囲気はあった。
強さ的にはモブと十戒のあいだか。これはそのうち人間にも抜かれるパターン(新兵長クラスが、という意味で
器が年寄りだったから弱かったとか、そういうのもあるかもしれないが、十戒>新兵長というのは変わらないだろう。

「まあ、待て……興奮するな。話をしようじゃないか」
純血さんを攻撃した後のセリフがこれである。
ドラゴンボールのヤジロベーを思い出したわ。攻撃→通じない→話しあおうの流れはギャグキャラクターの証拠。

「聖櫃(アーク)」を雑魚に使える機会があって良かったと思う。
あれが無かったら悲しすぎる。
セリフからすると、女神族に落ち度があるように見えた。十戒の真の敵は女神族なのかもね。とりあえず今のところ好感度は激低である。


はじめの一歩


随分と前の位置に(掲載位置が

結局3バカは戻って来ず。
個人的にはああいうキャラクターに魅力を感じないけど、青木村が強さを見せるシーンぐらいは入れて欲しかった。
雑魚に否定されるような生き様でもあるまい?

鷹村の方はじじいコンプレックス的なものが常時発動するようになってしまった。
とはいえ一歩と話し合う機会があるのは良いと思う。
なかったらエンドレスだしね。


ダイヤのA


絶好調の沢村だが打線がなかなか付いてこない。
こりゃあ負けるかもしれんね。
勝ったら沢村の評価アップ……になると思いたいが、この漫画の空気感は一瞬でリセットさせるので期待してはいけない。


炎炎ノ消防隊


騙されていたことにマジで気付いてなかったらしい。
なんかショックだ。

推理モードで疑いは晴れそうだが、それより信頼が生まれるかどうかの方が重要になりそうだ。
誰かの死、死に際の言葉が和解のきっかけになるかもね。




漫画ランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ 



Category: 週刊少年マガジン

Tag: 週刊少年マガジン  七つの大罪  フェアリーテイル  はじめの一歩 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6239-ed14d377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)