ジョジョの奇妙な冒険_4部 第15話「漫画家の家へ遊びに行こう その2」 感想 - こう観やがってます
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

ジョジョの奇妙な冒険_4部 第15話「漫画家の家へ遊びに行こう その2」 感想 

ジョジョの奇妙な冒険_第4部

『ヘブンズ・ドアー(天国の扉)』の脅威。
発動してしまえば助けすら呼べない。
不意打ちなら最強かもしれませんね。




以下ネタバレあり


第15話「漫画家の家へ遊びに行こう その2」 感想

セーフティロックで攻撃できない康一。
が、岸辺露伴の家に向かう康一の後を仗助と億泰がつけていた。


オープニング変わりました。
映像はいいですね。


体重が軽くなる

ページを取られれば取られるほど体重が減っちゃう。
体重が軽くなって荷物が重く感じる描写が良いですね。
そういやガハラさんも苦労してました(ジョジョ4部の方が当然先だが

康一の体験が欲しいという理由があるから、それがページをはぎ取る行動原理になってる。
……と思っていたのだが、文字で事足りる様子だった。
欲しい情報が文章でいいならメモすれば良かったんじゃあないか?


億泰の敗北、露伴のスピードの謎

初見のスタンドに勝つのは難しい。
まして露伴は億泰のことを知ってるしね。

とはいえスタンドで殴る速度よりも露伴の本体の方が早いというのは謎。
チリ・ペッパーに遅いと言われたザ・ハンドだけど、人間と比べればやっぱりザ・ハンドの方が……と思うのだがはてさて。

スタンドの設定はこの辺が曖昧だ。
ちなみにクレイジー・ダイヤモンドのパンチの速度は時速300km以上。プロボクサーは速くても50km程度だ。
この事から露伴先生の本体は人類を超えた速度で動けると判断できる。


まとめ

『ヘブンズ』と『ドアー』のあいだには『・』を入れておこう!
表記は正しくね。

ジョジョファンのあいだでも強いと噂の『ヘブンズ・ドアー』なのだが、どうにもこういうタイプのスタンドは飛び道具に弱いイメージが強い。
億泰も仗助も殴ることが前提で話が進んでいることに違和感が少し。
まあ億泰の性格的に初見の相手でも殴るのは自然っちゃ自然だが。

仗助の『クレイジー・ダイヤモンド』なら時速数百キロで物を投げられるわけだから、間田敏和の時のようにペンでも投げれば良い。現時点の露伴のスタンド能力では防ぐことは出来ないだろう。
とか思ったけど、まあそういうところにツッコミを入れる作品でもないか。

エピソード的には『仗助の過去』『髪をけなされると切れる理由』が重要だった。 
幼少期の仗助が誰に助けられたのかは謎のままだけどね。

後はまあ露伴の漫画への情熱とか。
岸辺露伴。漫画家としてその生き方は正しいのかも。
見方によっては『自覚の無い悪』だけどな。康一の身体への異変にはいずれ誰かが気付いただろうから、どちらにしても負ける運命だったってところか。


康一くんの「会いたくないけど!」が面白い。
由花子の髪で捕らえられたらさすがに苦しいだろうね。





■ジョジョの奇妙な冒険_4部

<スタッフ>
原作:荒木飛呂彦(集英社ジャンプ コミックス刊)
ディレクター:津田尚克
シリーズディレクター:加藤敏幸
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:西位輝実
スタンドデザイン・アクション作画監督:三室健太
サブキャラクターデザイン:石本峻一
プロップデザイン:宝谷幸稔・棚沢 隆
美術設定:青木 薫・長澤順子
色彩設計:佐藤裕子
美術監督:吉原俊一郎
撮影監督:山田和弘
編集:廣瀬清志
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:david production

<キャスト>
東方仗助:小野友樹
広瀬康一:梶 裕貴
虹村億泰:高木 渉
岸辺露伴:櫻井孝宏
空条承太郎:小野大輔

レッド・ホット・チリ・ペッパー:森久保祥太郎
山岸由花子:能登麻美子



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2016年4月 ジョジョの奇妙な冒険_4部(アニメ)

Thread: ジョジョの奇妙な冒険

Janre: アニメ・コミック

Tag: ジョジョの奇妙な冒険  感想  アニメ  岸辺露伴 
tb 2 : cm 2   

コメント

>この事から露伴先生の本体は人類を超えた速度で動けると判断できる。

まあ、実際に原稿を書く速度と動きの精密はスタープラチナに近いレベルだった気がします。
手の動きだけならディオ本体より速そう。

しかし、一番恐ろしいのは仗助が怒りに我を忘れた状態のクレイジー・ダイヤモンドにあれだけボコボコにあれて全治一カ月で済むタフさと生命力です。
再起不能にすらならないとは、3部のスタンド使いたちとは比較にならない強靭な体です。 漫画家なのに・・・

#- | URL | 2016/07/10 19:50 [edit]

Re: タイトルなし

>まあ、実際に原稿を書く速度と動きの精密はスタープラチナに近いレベルだった気がします。

あれで本体ってのが凄い。



>再起不能にすらならないとは、3部のスタンド使いたちとは比較にならない強靭な体です。

4部の序盤にアンジェロに操られていた男性とそれに捕らえられている女性のお腹をぶち抜いていた事を踏まえると、切れた仗助のスタンドに耐えられる露伴先生はほんとに凄いと思います。

ルイ #- | URL | 2016/07/10 20:29 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6217-2823d9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Wisp-Blog | 2016/07/09 11:51

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない TokyoMX(7/08)#15

第15話 漫画家のうちに遊びに行こう その2 夢遊病者のように岸辺露伴の作業場を訪れた康一。彼はヘブンズドアのスタンド使いだと想い出す。2ページを20分で描き上げられる、下書き無しで描き出し始める。ベタ塗りもインクを飛ばして一瞬で終了。 康一を心配して仗助と億泰が訪問する。早く脱出して伝えないといけない。でも康一のページに攻撃はできないと書き込まれた。不利になる発言は一切できないのだった。大...

ぬる~くまったりと | 2016/07/09 16:46