北条氏政の決断は? 真田丸 第24回「滅亡」 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

北条氏政の決断は? 真田丸 第24回「滅亡」 

真田丸

思ったよりも長かった北条氏政の時代(話数的な意味で
カッコ良く描きたいという脚本家、スタッフ達の意志のようなものが見えましたね。
戦のシーンは特になったけど、利休のピンチフラグはあった。




以下ネタバレあります。


第24回「滅亡」

seesaaにいい加減疲れたので、今後はこちらで書いていく予定。


北条氏政の最期

負け確で始まったようなキャラクターなので見せ方次第だったが、本作では意志が強く、どちらかと言うと良い人物として描かれていた。
残念だったのは戦の裁量を見せるシーンが無かったことかな。
真田丸は全体的に抽象的な心情の見せ方をする。そこのこだわりが凄いのでまだ見れるが、展開がワンパターン化しつつあるのも事実だ。

しかも今回のような話、展開は相対的に秀吉が悪者に見えてしまう。
真田丸のスタイルだと秀吉も最終的には良い人物として描くのだろうが、良いところばかり取っていくと最終的にはリアリティの欠片もなくなる。
さらに辛いのが、どれだけ悪いことをしても最期が良ければそれで良しというスタイルで行くことが予想できてしまう事だ。

秀吉のこれからの行いを美化して描くのは難しい。
だがそれでも最期には良い人物として描くのだろう。秀吉の無茶でどれだけ人が死のうともね。


まとめ

氏政が散り、政宗が本格的に加わった。といっても活躍するのはまだまだ先のようだ。
一般的ではない見せ方への工夫が見えたけど、真田丸の場合(というか三谷幸喜だからなのか)、一般的なものがある上での変化球なので個性があるのかというとそうでも無い気がする。

石田三成の立ち位置も、他の三谷幸喜作品で見たなと言う印象である。具体的には『新選組!』で(そういや『新選組!』の感想書いてなかったな
ともあれ三成の場合、今後の成長フラグが用意されているだけまだ良いのかもしれない。まあ『新選組!』の時も一度は序盤で山南に遅れを取っているので同じパターンといえばそれまでだけどね。
ちなみにその時の山南役の人が真田丸で言うところの真田信繁を演じている。


次回は「別離」
利休が切腹させられるかも。
彼は良い人物として描かれることが多いので、真田丸ではその逆のキャラクターとして最期を迎えると予想。





真田丸

2016年日本のドラマ。
大河ドラマとしては第55作となる。

演出:木村隆文
脚本:三谷幸喜(作)

公式サイトはこちら

<出演者>
堺雅人
大泉洋
長澤まさみ
木村佳乃
平岳大
中原丈雄
藤井隆
斉藤由貴
吉田鋼太郎
遠藤憲一
高木渉  他多数




Category: 真田丸(NHK大河ドラマ)

Tag: 真田丸  大河ドラマ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6198-077fce8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)