宇宙パトロールルル子 第10~12話 感想 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

宇宙パトロールルル子 第10~12話 感想 

宇宙パトロールルル子

だって私は宇宙パトロールルル子だから。

展開が早いのに普通に見ることが出来るのは、過去アニメの影響かもね。
最新話だけ見てもなんとなくストーリーは分かるような気がする。




以下ネタバレあります。


宇宙パトロールルル子 第10~12話 感想

中学生がバカにされたり、ノヴァくんが心を手に入れたりとか。


嘘は言っていない

キスした後のリアクションがアレだったことを考えると心は元々あったのではと思うのだが、無い感じで12話まで来てしまった。
嘘は言っていないということで、某魔法少女のマスコットにも好感度回復の余地が生まれた瞬間といえるだろう。

心を手に入れたノヴァくんは、正直爽やかすぎて気持ち悪いのだが、世界観的には勝利フラグ的な空気なのでそれに付き合うしかない。
顔で選んだわけではないということを、ルル子が微妙に主張したことがこの辺りは違和感を生んでいるような気もする。
キャラが変わったことで過去のノヴァくんは死んだという見方もできる。ような気がしないでもない。


歌はいいねぇ

カヲル君が似合う似合う。
だがホモォではないので注意。

12話は全体的にオマージュ的なシーンが目立つ回だった。
ガイナ立ちは言うまでもなく、エヴァやグレンラガン的なものもチラホラ。弾丸を撃つシーンも後ろから映しているカットがあって、放たれる前の弾丸が移動する際の描き方がエヴァ初号機のパレットライフルのようでもあった。この辺は意識しているのかどうかわからんけど。


まとめ

告白記念日――ということでルル子のガイナ立ちで盛り上がった。
が、どちらかと言うと周囲の動きの方が印象的だった。
ララ子の立ち位置とか良いと思う。ベッタベタだけどオッケーです。
1回死んでからが普通は、主人公としてはあながち間違ってはいない(死んでからが本番の主人公は結構多い

秘書さんが戦うシーンがあったのも良かったね。
撃ち方が左利きのそれだったのは、視聴者視点で見せる工夫の結果だろう。2D格闘ゲームで1P、2P側で利き手、利き足が変わるような感じ(ちょっと違うか?




<スタッフ>
脚本:今石洋之
絵コンテ:今石洋之
演出:大嶋博之
作画監督:半田修平

<キャスト>
ルル子:M・A・O
AΩ・ノヴァ:榎木淳弥
ミドリ:新谷真弓
オーバージャスティス本部長:稲田徹
ケイジ:岩田光央

ララ子・ゴッドスピード:本名陽子



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2016年4月 宇宙パトロールルル子

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

Tag: 宇宙パトロールルル子  アニメ  感想  今石洋之  M・A・O  新谷真弓 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6197-b55b62ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)