うしおととら 第34話「とら」 感想 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

うしおととら 第34話「とら」 感想 

うしおととら

とらの回想がメイン。
駆け足気味ですが、それで良かったと思います(今回は
キリの良い所で終わったし。



以下ネタバレあります。


うしおととら 第34話「とら」 感想

キリオは先週ちらっと出てました。
過去に敵だったキャラクターが活躍するのは少年漫画っぽい要素だ。
これで真由子との関係を描いていたら、もうちょっと印象は良かったんだろう。尺を考えるとしょうがないけど。


とらの人間時代

潮に似ている気がしないでもない。
境遇とか、気性とか。
潮の周囲も好意的な人は少なかったですよね(割合で言うと
手のひら返しのシーンとか結構あったしね。

不遇な扱いを受けていたとらが英雄視され、けれど立場的に良くなかったわけでもない。
とらが釈然としない気持ちとか、周囲を恨む気持ちはなんとなくわかります。

ただ潮だったらそれでも人間を好意的に見ていたかもしれない。
そこの違いが実は大きくて、だからこそ潮には仲間がいるのだと思います。


まとめ

2クール目では一番観やすかったです。
潮が立ち直る流れに違和感が無い。
話も綺麗にまとまっていて、テンポも良かったです。

あえてツッコミを入れるとしたら序盤の潮の立ち位置かな。
周りでいろいろあるなか、1人海中ってなんかシュールというか、いやマジ何で平気なのって言いたい(結構沈んでるし




<スタッフ>
原作:藤田和日郎(週刊少年サンデー)
監督:西村 聡

<キャスト>
蒼月潮:畠中祐
とら:小山力也
中村麻子:小松未可子
井上真由子:安野希世乃
蒼月紫暮:藤原啓治
羽生礼子:牧野由依
ヒョウ:浪川大輔
間崎賢一:中村悠一
檜山勇:豊崎愛生
厚沢:てらそままさき
かがり:清水理沙
雷信:三木眞一郎
十郎:梶裕貴
鷹取小夜:南里侑香
オマモリサマ:茅野愛衣
日崎御角:折笠富美子
蒼月須磨子:坂本真綾
関守日輪:水樹奈々
秋葉流:細谷佳正
杜綱悟:逢坂良太
杜綱純:高垣彩陽
イズナ:永澤菜教
ジエメイ:花澤香菜
ギリョウ:宮野真守
キリオ:潘めぐみ
九印:小西克幸
一鬼(ひとつき):江川央生
河童:うえだゆうじ

山ン本:古川登志夫
斗和子:林原めぐみ
紅煉:若本規夫


アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2016年4月 うしおととら(第2クール)

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

Tag: うしおととら  アニメ  感想  藤田和日郎  畠中祐  小山力也  小松未可子  安野希世乃  藤原啓治  南里侑香 
tb 0 : cm 2   

コメント

>いやマジ何で平気なのって言いたい(結構沈んでるし

獣の槍の破片に守られてるようにしか見えませんが・・・
だって潮の周囲に密集して光ってるし・・・

潮の魂が人間だった頃のとらの中に導かれたのも、どう考えても獣の槍の破片の力でしょう。
ツッコミを入れるんなら、獣の槍は砕けてるのに万能すぎという事にしておくべきだったかと。

#- | URL | 2016/05/27 16:06 [edit]

Re: タイトルなし

>ツッコミを入れるんなら、獣の槍は砕けてるのに万能すぎという事にしておくべきだったかと。

確かに。
強いし、汎用性高すぎ。

ルイ #- | URL | 2016/05/28 18:21 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6175-1027acde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)