アニメ『くまみこ』 レビュー - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

アニメ『くまみこ』 レビュー 

くまみこ

・スタッフにロリコンがいそうなアニメ。
・オープニングでPanic!
・家電、インターネットなどに強いくま
・都会コンプレックス。

まとめると多分こんな感じ。




以下ネタバレあります。


アニメ『くまみこ』 レビュー

7話ぐらいまでかなー、面白かったのは。
惜しい作品だったね。


ダークホース

くまみこ 第1話

2016年4月のアニメにおいてダークホース的な出だしだった。
ほんわか日常系かと思いきや、結構際どいとこ突いてきた。

「セクシャルハラスメーント!」も良かったね。
あれで作品の流れが変わった。


スタッフが気合を入れたポイント

くまみこ 第参話
くまみこ 6話 泣き顔1
くまみこ 6話 泣き顔2

どういうアニメか、画像で判断して欲しい。


くまみこ 7話

ナツの回想シーンも結構危ない。
というかナツが危ない。
共依存へのフラグは立っていたという見方も出来る。

だとしても最終回はイマイチだったけどね。


総評

途中からコケてしまった惜しい作品。
尺が足らないアニメは近年とても多いが、これは尺が余りすぎた。
キャラクターも響はまだ挽回した方だけど、良夫がいいとこなしだったのが痛い。行動力、やる気などが彼の持ち味だったと思うんだけど、生かしきれなかったね。

展開的には序盤の家電ネタぐらいが丁度良かったかな。
田舎コンプレックスも悪くはないけど終盤はかなりくどく感じた。
最終的には病人のようになっていた。あそこまで行くとさすがに笑えない。

ラストもリアクションに困る内容だった。
個人的にはバッドエンドとして処理したが、ナツ的にはハッピーエンドかもしれない。


オープニング『だって、ギュってして。』はかなり癖が強く、おそらくアニメ業界ではトップクラスだったと思われる。
『ちょっとPanic!』『ダメダメ、どうしよう!』のパートでパニックになったのは良い思い出。
サビの部分は慣れてくると名曲に聴こえてくる。気がしてくる。

エンディング『KUMAMIKO DANCING』は途中からリズミカルになるキャッチーな曲だった。
純粋にアニソンとして良い曲だと思う。




■くまみこ



<スタッフ>
原作:吉元ますめ
監督:松田清

<キャスト>
雨宿まち:日岡なつみ
クマ井ナツ:安元洋貴
雨宿良夫:興津和幸
酒田響:喜多村英梨

雨宿エツ子:南一恵



にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: アニメ紹介&レビュー

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

Tag: くまみこ  アニメ  感想 
tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6171-7d54fce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

くまみこ TokyoMX(6/19)#12終

最終回 第拾弐話 決断 山神様に本心をお願いしてしまったと反省するナツ。まちのアイドルが成功するようにお願いし直そうと 考えていると良夫から連絡。まちが会場から居なくなった。最悪、2時間半後までに見つかれば出場は可能。 まちが心配で松の車で駆けつける。GPS検索で駅付近の建物に居るらしいと分かる。デパートを響と良夫が探すが見つからない。本人があんなに嫌がっているだから諦めろ。村興しがそんなに...

ぬる~くまったりと | 2016/06/22 00:39