うしおととら 第32話「母」 感想 - こう観やがってます
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

うしおととら 第32話「母」 感想 

うしおととら

若いかーちゃん(見た目は
シリアスだったけど、怪獣大戦争みたいなシーンは少しシュールでしたね。
強いんだろうけど。




以下ネタバレあります。


うしおととら 第34話「母」 感想

感動の対面。
ほんとならここまで来るのにいろいろあったんだろうけど、その辺は脳内変換でお願いしますといった感じ。
……いいのか、それで。

そして外では自衛隊やら東西の妖怪がなんやかんやなんやかんや。
敵は決まっているはずなんだけど、倒すためのリーダーが決まっていないのが痛い。
白面の者以外のパワーバランスが均一化されている気がしないでもない。
登場人物が多い作品だけど、ずば抜けて強い勢力は無い気がする。


まとめ

潮のかーちゃん美人過ぎ!
見た目も何か若いし。
高校生の制服着ても違和感なさそう。
前髪がぱっつんなのがいいですね。

海上での戦闘は、プロレスみたいでしたね。
今やることなの、それ。
艦隊もフルボッコだし、やっぱ潮達がいないとダメっぽい。
まあ最初から協力していたとして、対処できたかは謎ではありますが。

白面がいるから互いに協力し合える感が強くなってきました。
インディペンデンス・デイ的な?
今までいがみ合っていたけど、強敵が現れたからみんなで戦おう的な?




<スタッフ>
原作:藤田和日郎(週刊少年サンデー)
監督:西村 聡

<キャスト>
蒼月潮:畠中祐
とら:小山力也
中村麻子:小松未可子
井上真由子:安野希世乃
蒼月紫暮:藤原啓治
羽生礼子:牧野由依
ヒョウ:浪川大輔
間崎賢一:中村悠一
檜山勇:豊崎愛生
厚沢:てらそままさき
かがり:清水理沙
雷信:三木眞一郎
十郎:梶裕貴
鷹取小夜:南里侑香
オマモリサマ:茅野愛衣
日崎御角:折笠富美子
蒼月須磨子:坂本真綾
関守日輪:水樹奈々
秋葉流:細谷佳正
杜綱悟:逢坂良太
杜綱純:高垣彩陽
イズナ:永澤菜教
ジエメイ:花澤香菜
ギリョウ:宮野真守
キリオ:潘めぐみ
九印:小西克幸
一鬼(ひとつき):江川央生
河童:うえだゆうじ

山ン本:古川登志夫
斗和子:林原めぐみ
紅煉:若本規夫



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2016年4月 うしおととら(第2クール)

Thread: うしおととら

Janre: アニメ・コミック

Tag: うしおととら  アニメ  感想  藤田和日郎  畠中祐  小山力也  小松未可子  安野希世乃  藤原啓治  南里侑香 
tb 4 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6152-577864f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うしおととら TokyoMX(5/06)#32

第参拾弐話 母 吾郎のウンディーネで岩柱に接近する。しかし白面の者の妖気が激しくなり接近は容易ではない。キルリアン振動機を全潜水艦に装着する。潮を信じる吾郎は初めて赤羽に送り届けたいと頼みごとをする。白面の者は岩柱よりも大きく不気味だった。岩柱に到着した潮。 資格を無いのを承知で幾度と無く母と呼ばれる夢を見たことか。蒼月須磨子は潮の到着を喜び、謝罪する。ほんの短い間しか育てることが出来ず母ら...

ぬる~くまったりと | 2016/05/07 14:52

お願いがあります/うしおととら6話感想

 そういえば日本が沈没する云々はどうなった。 >拍手返信:と~しきさん  昔は流の気持ちが分からなかったけど今は……とアニメを機会に捉え直している方もいるようですし、胸の中に入れて時折思い出して、見つめなおしていったらいいのではないかなと思います。そういう長い付き合いができる作品て貴重ですしね >拍手返信:雪光さん  多少お力になれたようで何よりです。風の音が聞こえる、と...

Wisp-Blog | 2016/05/08 00:11

うしおととら 第32話 「母」 感想

結界が破られた際のあのニヤリとした笑み。 白面の者が復活した際の絶望感が凄かった。 やっぱりラスボスはこのぐらい絶望感がないと。 潮は白面の者の策略から母・須磨子を救い出すため、 海底にある大きな岩柱へと向かう。 その洞の中で、強大な白面を目の前に、結界を 張り続けている須磨子。 “うしお”と優しく名を呼ぶ須磨子。 温かい家族の時間が流れる。 突然、二人の間を引き裂くよ...

ひえんきゃく | 2016/05/10 00:44

うしおととら 第参拾弐話「母」

評価 ★★ 食ってる場合じゃねえ!              

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2016/05/12 21:28