ワールドトリガー 第73話「未来へ」(終) 感想 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

ワールドトリガー 第73話「未来へ」(終) 感想 

ワールドトリガー

修がたどり着いた答え。
それは敵への嫌がらせ!
サポートキャラが本質なんですね、やっぱり



以下ネタバレあり。


ワールドトリガー 第73話「未来へ」(終) 感想



あらすじ:
俺たちの戦いはこれからだ!


加古さんの勧誘

先週の引き通り加古さんと遊真、そして柿崎さんのくだりからスタート(その後場面は修の方に移りますが
加古隊は『イニシャルK』で構成されているらしく、空閑遊真ということで標的にされたらしい。
積極的というか、感覚派というか。

途中で影浦が出てきたことで、別名ファントムババアであることが明かされました。
まあ紫の服着ているキャラは大体BBAだよね。
他にも加古チャーハンと呼ばれることがあります。


新たな武器

木虎が使っていたワイヤーでした。
スパイダーというらしい。

ほんと少年漫画の主人公っぽくないよね、修は。だがそこがいい。
サポートキャラといえば聞こえはいいけど、相手にウザいと思われる戦法こそが有効みたいなノリがある。
しかも一方で千佳も『ライトニング+鉛弾(レッドバレット)』という敵を倒すのではなく重くするという、こちらもやはり嫌がらせ系。
なんていうか、エグいよね。


まとめ

いいところで終わりました。
新たな武器を試す前だしね。
実際はランク戦の前にガロプラとのそこそこ長い戦いがあるわけですが。

最終話らしく、一部ぬるぬる動きましたね。
多分頭のいい筋肉さんの戦闘シーンが一番ぬるってた。


2期もあるといいですね。
原作のストックがあんまり無いからあったとしてもかなり先になると思うけど。
しかしこのタイミングで終わるならアニオリは必要なかったんじゃないかな。




■ワールドトリガー
2014年10月5日より放送開始。
原作は週刊少年ジャンプで連載。

<原作>
葦原大介

<キャスト>
空閑遊真:村中和
三雲修:梶裕貴
雨取千佳:田村奈央
迅悠一:中村悠一
レプリカ:田中秀幸
木崎レイジ:前野智昭
小南桐絵:釘宮理恵
烏丸京介:福山潤

嵐山准:岡本信彦
木虎藍:花澤香菜
時枝充:粕谷雄太

那須玲:桑島法子
熊谷友子:庄司宇芽香
日浦茜:一木千洋
志岐小夜子:広橋涼

来馬辰也:高塚正也
村上鋼:野島裕史
別役太一:増尾興佑
今結花:鎌田梢

三上歌歩:豊嶋真千子  その他



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2014年10月 ワールドトリガー

Thread: ワールドトリガー

Janre: アニメ・コミック

Tag: ワールドトリガー  村中和  梶裕貴  田村奈央  中村悠一  阪口大助  能登麻美子  田中秀幸  前野智昭  釘宮理恵 
tb 0 : cm 2   

コメント

こんな半端なところで終わるのは残念でした

何かしらオリジナル展開でいいから
ランク戦の決着を描いてほしかったと思います

そして同じく変な終わり方をした
オリストは必要だったのかなあと感じました

フラクタル #- | URL | 2016/04/04 10:59 [edit]

Re: タイトルなし

修がようやく自分のスタイルを見出したところで終わりですからね。
中途過ぎです。

オリストはオリキャラが要らなかったかもしれませんね。
日常編とかで良かった。

ルイ #- | URL | 2016/04/04 16:27 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/6092-ee6557e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)