巻頭カラー&一挙2話は『七つの大罪』 週刊少年マガジン12号 感想 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

巻頭カラー&一挙2話は『七つの大罪』 週刊少年マガジン12号 感想 

たまにある一挙2話。
しかも39ページ。
2話としてもページ数多いですね。




以下ネタバレあり


週刊少年マガジン12号 感想

アニメ2期も制作しているそうです。


■七つの大罪
キングが驚いていたのは十戒だからというより初代妖精王だったからかな。
上位互換っぽいけど、その内逆転するんじゃないかな。
下手するとパワーアップフラグだこれ。

タッグ戦は長くなりそうだけど、コンビ感が加わった事で生まれる期待感はある。
強くなったキャラは見せ場。

エスカノールがやられたのはどうなんだろう。
勢いで済まされたというか。
復活出来る力を見せたかったんだろうけど、仮にも七つの大罪があんなにあっさりとかヒドい。弱い時間帯は対策練るべき。


■フェアリーテイル
ラクサス凄い感より敵の間抜けっぷりがヤバい。
分析した意味ねー。
何もしない方が貢献できただろうな。


■ダイヤのA
1年はあっさりと決定。
哲さんの弟はすでに試合に出ても活躍しそうな貫禄。
他にも活躍しそうな1年が……といったところで2年生がアピール。

アピール遅かったんじゃない?


■徒然チルドレン
ラップを見られた事が帳消しになるぐらいいい女が出てきたが、悪意なく人を傷つけるというスキルを持っていた。


■はじめの一歩
藤井さんボクサーだったのか。
彼が勝てなかったボクサーはどこまで行ったんでしょうね。

そして忘れていた板垣の2位時代。
直近の試合でも今井に負けていましたね。
でも不思議と板垣の方が強いイメージあるわ。


■UQ_HOLDER!
過去キャラとヒロイン追加。
登場人物多いなーと思ってたけど、よくよく考えてみるとネギま!の方が圧倒的に多かったよね。
最初から多かったもん(ヒロインが

ネギを救う流れは整ったけど、そこまで行くには強さが足りない。
ま、ぶっちゃけ締めを刀太に任せればいいって話だけど。




漫画ランキング
にほんブログ村 漫画ブログへ 



Category: 週刊少年マガジン

Thread: 漫画の感想

Janre: アニメ・コミック

Tag: 週刊少年マガジン  感想 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5960-f20323a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)