ワールドトリガー 第65話「No.1シューター二宮匡貴」 あらすじ&レビュー - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

ワールドトリガー 第65話「No.1シューター二宮匡貴」 あらすじ&レビュー 

二宮さん偉そう過ぎるw
ま、悪い人ではないんだろうけど。

エネドラが久々登場。
厳密には死んだので、コピーみたいな感じかも。




以下ネタバレあり


ワールドトリガー

2014年10月5日より放送開始。
原作は週刊少年ジャンプで連載。




第65話「No.1シューター二宮匡貴」

あらすじ
死んだはずのアフトクラトルのブラックトリガー使い、エネドラが生きていた!?姿を変えたエネドラの口から大規模侵攻、そして雨取千佳が狙われた真実が明らかとなる。一方、玉狛支部にはB級1位チームの隊長を務めるNo.1シューター二宮匡貴が遊真達の前に姿を現した。彼が修と千佳の元を訪れた真意とは!?そして、修はある一つの決断を下す!

レビュー
今週は派手ではないものの話自体は動きましたね。


■エネドラット
ちんまい姿で再登場。
よくあの形態で偉ぶれるな。

虚言を見抜くために遊真が呼ばれたというオチ。
情報戦に入ると一番便利かもしれないサイドエフェクト。

アフトクラトルが神の国と呼ばれる理由が分かった。


■修と菊地原
「追いつける気でいるんだ。傲慢だね」
今週もツンツンしてます。
助言したいんだろうな、多分。そもそも風間隊以外の人達とはあまり話さないらしいキノコだし。

コーヒー奢ってくれるあたりいい人。


■総評
実はすでに登場していた二宮匡貴
妙に態度がデカい男
それに慣れている感じもする。

鳩原未来が千佳の兄にトリガーを横流ししたようですね。
ただそういう指示を出したのは誰かは分からない。
千佳の対応を見るに兄が有力ではあるけど。

遠征部隊の話題も少し。
とにかく勝たないと話になりませんね。
ランク戦が楽しみだ。その前に修の修行パートがありそうです。




<原作>
葦原大介

<キャスト>
空閑遊真:村中和
三雲修:梶裕貴
雨取千佳:田村奈央
迅悠一:中村悠一
レプリカ:田中秀幸
木崎レイジ:前野智昭
小南桐絵:釘宮理恵
烏丸京介:福山潤

嵐山准:岡本信彦
木虎藍:花澤香菜
時枝充:粕谷雄太

那須玲:桑島法子
熊谷友子:庄司宇芽香
日浦茜:一木千洋
志岐小夜子:広橋涼

来馬辰也:高塚正也
村上鋼:野島裕史
別役太一:増尾興佑
今結花:鎌田梢

三上歌歩:豊嶋真千子  その他



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2014年10月 ワールドトリガー

Thread: ワールドトリガー

Janre: アニメ・コミック

Tag: ワールドトリガー  村中和  梶裕貴  田村奈央  中村悠一  田中秀幸  前野智昭  釘宮理恵 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5933-dda9fb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)