銀魂゜ 第308話「鬼が哭いた日」 あらすじ&レビュー - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

銀魂゜ 第308話「鬼が哭いた日」 あらすじ&レビュー 

銀魂゜

割りとシリアス。
佐々木も登場。
なんやかんや長官になりました。




以下ネタバレあり


第308話「鬼が哭いた日」



あらすじ:
前将軍の茂茂の死の悲しみが癒え切らぬうちに、新たに将軍となった喜々が茂茂派だったもの達への粛清を開始する。そのことにより真選組は解散となり、局長である近藤勲と警察のトップである松平片栗虎には斬首が宣告される。
近藤は銀時を密かに呼び出し思いを託した。いっぽう土方は、近藤の思いを汲み、隊士たちへあることを伝える。


レビュー
江戸を託された銀時と近藤達だが……。
今はまだ動く時では無いらしい。

将軍篇の続きからスタート。
まあこの流れでギャグへ移行するのは無理があるわな。
ハードボイルドは完全にギャグだったけど。


近藤以下、真選組は悪として処分。
この辺は史実っぽい部分ではある。
まあ史実だったらほとんど消えちゃう流れだけど。

真選組は一時解散の流れ。
時が来る迄。


信女がいつになくよく喋ってましたね。
銀さんをいい意味で銀さんを止めた気もする。




<スタッフ>
原作:空知英秋
総作画監督:竹内進ニ
監督:宮脇千鶴

<キャスト>
坂田銀時:杉田智和
志村新八:阪口大助
神楽:釘宮理恵

近藤勲:千葉進歩
土方十四郎:中井和哉
沖田総悟:鈴村健一
山崎退:太田哲治

桂小太郎:石田彰

高杉晋助:子安武人
河上万斉:山崎たくみ
来島また子:早水リサ
武市変平太:茶風林

神威:日野聡
阿伏兎:大塚芳忠

服部全蔵:藤原啓治
猿飛あやめ:小林ゆう
百地乱破:佐藤利奈

佐々木異三郎:森川智之
今井信女:平野綾

徳川茂茂:小野友樹

吉田松陽:山寺宏一
朧:井上和彦



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 銀魂

Thread: 銀魂

Janre: アニメ・コミック

Tag: 銀魂゜  感想  アニメ  杉田智和  阪口大助  釘宮理恵 
tb 2 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5921-2417c440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『銀魂』#308「鬼が哭いた日」

「たとえ何者の屍を越えようとも、護らねばならんものがある」 さらば真選組篇 一。 新章突入ということで、OPの映像が普通になったな。 血文字がなくなって、青に。 映像も見やすくなったように思う。 茂茂の国葬がしめやかに行われる中、怪我を押して真選組屯所に向かう銀さん。 目が死んでるというか、怖いんですけど!(汗)

ジャスタウェイの日記☆ | 2016/02/04 21:12

銀魂゜さらば真選組篇 一「鬼が哭いた日」

評価 ★★★ 確かに繋げたぜ

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2016/02/07 14:03