ワールドトリガー 第64話「アフトクラトルの捕虜」 あらすじ&レビュー - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

ワールドトリガー 第64話「アフトクラトルの捕虜」 あらすじ&レビュー 

アニオリ終了。
ただ影響で原作でのやり取りが少し変わりました。
最後に登場したのはなにドラなんでしょうね。

オープニングが少し変わりました。
唯我がウザいw




以下ネタバレあり


第64話「アフトクラトルの捕虜」



あらすじ:
異世界からの逃亡者ゼノそしてリリスとの出会いと別れを経て、玉狛支部へ帰ってきた遊真、修、千佳は昇格を目指し休む暇もなくB級上位とのランク戦に向けて準備を始めるのだった。一方、大規模侵攻の後、捕虜となっていたヒュースが遂に本部基地へと連行される。城戸指令たちボーダー上層部の狙いとは一体…!?今、物語は新たな未来へと動き出だす!

レビュー
回想多め。
荒船さん回想でも飛び降りてた。
スタッフは分かってる。


Aパートは回想メイン。
遊真がグラスホッパーを1日で使いこなした理由はアニオリ要素。
でも合ってるよね。

Bパートからようやく新展開。
ペースは少しゆったり。
ま、普通にやるとすーぐ追いついちゃうしね。


ヒュースの言動に注目したくなるエピソードだったけど、個人的には修と菊地原の会話が印象的。
菊地原の嫌味に修が正面から答えるシーンがありました。
ここで菊地原は修に興味を示すわけだ。

あとは城戸指令が遊真のサイドエフェクトを知っていた事かな。
逆説的に言うと、彼がこれまで遊真を利用していた可能性が高くなってる。
もっとも迅に使われている部分もあるので、遊真にとって不利になる挙動はなかったと予想。

もう1人の捕虜はネタバレ禁止。
だが声は間違いなく古川登志夫であった。




<オリジナルキャラクター>
ゼノ:阪口大助
リリス:能登麻美子
ギーヴ:櫻井孝宏
カロン:玉川砂記子


<原作>
葦原大介

<キャスト>
空閑遊真:村中和
三雲修:梶裕貴
雨取千佳:田村奈央
迅悠一:中村悠一
レプリカ:田中秀幸
木崎レイジ:前野智昭
小南桐絵:釘宮理恵
烏丸京介:福山潤

嵐山准:岡本信彦
木虎藍:花澤香菜
時枝充:粕谷雄太

那須玲:桑島法子
熊谷友子:庄司宇芽香
日浦茜:一木千洋
志岐小夜子:広橋涼

来馬辰也:高塚正也
村上鋼:野島裕史
別役太一:増尾興佑
今結花:鎌田梢

三上歌歩:豊嶋真千子  その他



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2014年10月 ワールドトリガー

Thread: ワールドトリガー

Janre: アニメ・コミック

Tag: ワールドトリガー  村中和  梶裕貴  田村奈央  中村悠一  阪口大助  能登麻美子  田中秀幸  前野智昭  釘宮理恵 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5912-b360dc2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)