デュラララ!!×2 結 #26「猫の首に鈴」 あらすじ&レビュー - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

デュラララ!!×2 結 #26「猫の首に鈴」 あらすじ&レビュー 

#26 ろっちー


六条千景も参戦。
案外門田をはねた相手を見つけるのは彼かもしれない。

臨也は、今回は投げられませんでしたね。
……改めて考えると結構タフだよな、彼。




以下ネタバレあり


#26「猫の首に鈴」



かさねの手から脱した臨也は、病院で遭遇した杏里に揺さぶりをかける。帝人と正臣の問題への介入を宣言する臨也。二人のために自分ができることは何なのか、“罪歌”をその身に抱く自分は人間と呼べる存在なのか。杏里は臨也への疑念と、“罪歌”の声に震え立ち竦む。一方、街ではさまざまな思惑と秘密を抱える女達が行動を起こし始めていた。
公式サイトより




レビュー

オープニングは何度聴いても昭和感がある。
イントロとか『冷たい熱帯魚』みたいじゃないですか?


女の話で始まり、女の話で終了。
とにかく女だらけの回。
狩沢がいいオンナしてた。怒らせたら怖い感あるよねー。

ろっちーへの対応も慣れがある。
見方によっては使ったとも取れる。
臨也への対応も良し(それにしてもタイミングよく現れる男である


臨也は黄根さんの言いつけを守りましたね。
黄根さんの立ち位置はよく分からんけど、結構いい人そうに見えるな。

あと目立ったのは鯨木かさねかな。
無表情でネコミミとか……有りだな。

しかしネコミミを全て買ってしまったために杏里ちゃんが困る事に。
ほんとタイミングが命取りな作品だな。
ネコミミがすんなり買えていたら『あーあ、出会っちまったか』展開はなかっただろうに。


で、最後はセルティと。
生で生首放置とは、嫌がらせとしては大成功だな。
標的が違う感はあるけど。




■スタッフ
原作:成田良悟「デュラララ!!」(電撃文庫刊)
原作イラスト:ヤスダスズヒト
監督:大森貴弘
アニメーション制作:朱夏

■ミュージック
Steppin' out
ジョーカーに宜しく

■キャスト
セルティ・ストゥルルソン:沢城みゆき
竜ヶ峰帝人:豊永利行
紀田正臣:宮野真守
園原杏里:花澤香菜
折原臨也:神谷浩史
平和島静雄:小野大輔
岸谷新羅:福山 潤
門田京平:中村悠一
遊馬崎ウォーカー:梶 裕貴
狩沢絵理華:高垣彩陽
渡草三郎:寺島拓篤
葛原金之助:藤原啓治
四木春也:大塚芳忠

岸谷森厳:大塚明夫
エミリア:種崎敦美
矢霧清太郎:茶風林

矢霧波江:小林沙苗
張間美香:伊瀬茉莉也
矢霧誠二:堀江一眞

平和島幽(羽島幽閉):岸尾だいすけ
折原九瑠璃:金元寿子
折原舞流:喜多村英梨
黒沼青葉:下野紘

聖辺ルリ(ハリウッド):藤田咲
六条千景:小野友樹
粟楠茜:久野美咲

エゴール:森川智之
ヴァローナ:M・A・O
スローン:三上哲

鯨木かさね:桑島法子

写楽影次郎:KENN
写楽美影:五十嵐裕美

徒橋喜助:上田燿司
ミミズ:井上喜久子   ほか多数



にほんブログ村 アニメブログへ 
ランキング用バナー



Category: 2016年1月 デュラララ!!×2_結

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

Tag: デュラララ!!×2   
tb 3 : cm 2   

コメント

>狩沢がいいオンナしてた。

この一件で杏理にとって狩沢は某アララギ君にとっての羽川さんのような存在になりました。
原作では臨也はアニメの2倍くらいの長さの言葉攻めで杏理の精神を破壊する寸前でしたから。

>黄根さんの立ち位置はよく分からんけど、結構いい人そうに見えるな。

アニメでは全く説明がないですが、黄根さんは元は赤林さんや四木さんと同じく粟楠会の幹部でした
19話でもちらりと登場してます。 
あと22話で四木さんが、葛原の名は笑い事ではない、なんせそのせいで黄根さんは粟楠会を破門になったのだからという台詞があります。
現在はフリーの何でも屋で臨也に雇われてます。
原作では美影への忠告は
「俺は仕事だと割り切ってるからいいが、あんたみたいな堅気の、それも将来のある若い娘が臨也みたいなクソガキに近づくもんじゃない」
と、アニメ版よりわかりやすい内容です(尺の都合でセリフを短くしてるから当然ですが)

#- | URL | 2016/01/17 20:06 [edit]

Re: タイトルなし

臨也と杏里のシーンは臨也が悪く見えるけど、もうちょっと個人でも戦えるようになって欲しいところです。
終盤までには吹っ切れるといいですね、杏里。


ああいう忠告は、言った本人にはメリットが無いような気がするんですよね。
だから黄根さんの善意のように見えますね。

ルイ #- | URL | 2016/01/18 18:46 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5869-bba5380c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デュラララ!!×2 結 #26

『猫の首に鈴』

ぐ~たらにっき | 2016/01/17 12:30

デュラララ!!x2 結 TokyoMX(1/16)#26

第26話 猫の首に鈴 門田の病院で意識が戻るのを待つ狩沢絵理華。彼女に罪歌の相談をするために訪れた園原杏里。門田が入院したのでお見舞いに来た六条千景。 黄根が念の為に病院で頭部の診断をしてもらえと臨也を促す。狩沢に相談する杏里を見つけて参加する臨也。紀田正臣と竜ヶ峰帝人に何かするつもりかと強張る杏里。今はまだ、これから引っ掻き回すと聞いて斬りつけたくなる。どうして君は二人を切らなかったの?君...

ぬる~くまったりと | 2016/01/17 17:26

デュラララ!!×2 結 2話「猫の首に鈴」

評価 ★★☆ 遊馬崎、誕生日おめでとう!              

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2016/01/23 18:07