うしおととら 第弐拾六話「TATARI BREAKER」感想 - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

うしおととら 第弐拾六話「TATARI BREAKER」感想 




「……10万8000!」
スカウターみたいな?

ここで一端終わるそうです。
27話以降は2016年4月から。




以下ネタバレあり


第弐拾六話 TATARI BREAKER


白面の胎動は妖の災害を引き起こし、それを取り巻く人間らにも大きな影響を及ぼしていた。そんなHAMMR機関内で目覚めてしまった白面の体組織の猛攻に大ピンチの潮。そこに駆けつけたのは捕獲されていたはずのとらだった!!
うしおととらの最強コンビは白面の体組織を追い詰めるが、白面の体内には麻子の友人である西洋の妖怪、バルトアンデルスが取り込まれておりトドメの決定打を出すことができない…。万事休すかと思われたその時だった。麻子の行動で心動かされた3博士の一人、ヘレナ=マーコフが妖に対し――!?


公式サイトより




■科学のちから
爆弾で倒せるやん!
サーヴァントが実はそんなに強く無いように案外科学でどうにかなるのかもしれない。
あと時代設定が原作と違う影響がいい意味で反映されてたかもね、今回は。

ところでセイバーととらだとどっちが強いんでしょうね。


■最後はやっぱり心
科学おばさんも納得の展開。
残りの科学者も遺志を継ぐ形。
これは再登場するパターンでしょう。


■総評
麻子人形は、あれはあれで可愛い。
商品化有りだと思います。
戻ってくる絵はシュールだったなあ。

科学の定義が迷子だったけど、良い感じにまとまりました。
そもそも悪人が科学で作ったものでも我々は日常的に使ってるからね。完全否定はできんのよ。
終盤で彼らがどのように活躍するのか楽しみです。



ひとまずここでお別れ。
分割批判もあるようだけど(こんなタイミングで終わんなや的な)、個人的にはいいと思ってます。
アニメって作るの大変だし。なんなら残りを25話ぐらいでやって欲しいぐらいだ。

ちなみに先行上映会があるそうです。
27話のね。




<スタッフ>
原作:藤田和日郎(週刊少年サンデー)
監督:西村 聡


<キャスト>
蒼月潮:畠中祐
とら:小山力也
中村麻子:小松未可子
井上真由子:安野希世乃
蒼月紫暮:藤原啓治
羽生礼子:牧野由依
ヒョウ:浪川大輔
間崎賢一:中村悠一
檜山勇:豊崎愛生
厚沢:てらそままさき
かがり:清水理沙
雷信:三木眞一郎
十郎:梶裕貴
鷹取小夜:南里侑香
オマモリサマ:茅野愛衣
日崎御角:折笠富美子
蒼月須磨子:坂本真綾
関守日輪:水樹奈々
秋葉流:細谷佳正
杜綱悟:逢坂良太
杜綱純:高垣彩陽
イズナ:永澤菜教
ジエメイ:花澤香菜
ギリョウ:宮野真守
キリオ:潘めぐみ
九印:小西克幸
一鬼(ひとつき):江川央生
河童:うえだゆうじ

山ン本:古川登志夫
斗和子:林原めぐみ



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2015年7月 うしおととら

Thread: うしおととら

Janre: アニメ・コミック

Tag: うしおととら  アニメ  感想  藤田和日郎  畠中祐  小山力也  小松未可子  安野希世乃  藤原啓治  南里侑香 
tb 4 : cm 2   

コメント

>爆弾で倒せるやん!

と言っても、バラバラの破片を焼き払っただけですけどね。
まあ、獣の槍も一度はコンクリに沈められましたしね。 復活したけど。

>サーヴァントが実はそんなに強く無いように案外科学でどうにかなるのかもしれない

サーヴァントは基本が霊体だから魔力の通ってない、ただの科学兵器は効かない筈ですよ。
切嗣も狙撃やら爆撃やらは全部マスター狙いでやってますし。

映像で見た感じだと、獣の槍を使ってる時の潮は凜と契約してる時のセイバーくらいの戦闘能力がありそうですね。
まあ、元が素人の中学生だから技に関しては粗削りですけどね。
潮に燕返しは避けられない気がします。

とらの電撃や火炎がセイバーに通じるかはわかりませんけど
セイバーがエクスカリバーを使ったら、とらには防ぐすべがないと思います。
本編でセイバーに勝った相手ってエクスカリバーを破ったギルとバゼットさんを別にすると、セイバーが何らかの理由でエクスカリバーを使えない状態だったか、エクスカリバーを使われる前に打倒してるかなんですよね。
でも、とらって戦いを楽しむタイプだから、葛木先生みたいに、手の内を知られる前に~とかいう発想が無い気がします。

#- | URL | 2015/12/27 20:41 [edit]

Re: タイトルなし

>潮に燕返しは避けられない気がします。


無理でしょうねw
まあ相性というか、サーヴァントの方が可能な攻撃、防御が多いのでなんだかんだ地の利を得て戦えそうな気はします。
……よくよく考えてみると空を飛ばれるだけでもちょっとめんどそうだし。

とらに関しては基本スペックはサーヴァントよりも高いかもしれませんね。
で、大技はサーヴァントの方が上な感じ。

ルイ #- | URL | 2015/12/28 00:38 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5817-5667ede9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うしおととら TokyoMX(12/25)#26終

最終回 第26話 TATARI BREAKER とらが駆けつけて白面の者の再生体を蹴散らす。しかし毒ガスが漏れ始めたので、撤退をするヘレナ、ニコラス、マルコ。誰も助けようとしない3人に怒る潮と麻子。この世に死んで良い生命なんて無い。自分の家族だったらどうするんだよ、動揺するヘレナ。 取り込まれた妖かしを助けられると槍が言っていると鮮烈に復帰する潮。キルリアン振動機で妖かしの肉体なら止められる...

ぬる~くまったりと | 2015/12/26 18:37

それまではせめて/うしおととら25話感想

 年末だしキーボード掃除するべ!ということでサイバークリーンで隙間のゴミ取り。綺麗になったがサイバークリーンは草餅の草のついたような状態に。

Wisp-Blog | 2015/12/26 19:58

うしおととら 第弐拾六話「TATARI BREAKER」[終]

評価 ★★★ 槍が信じろと言っている……!              

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2015/12/28 22:10

うしおととら 第26話 「TATARI BREAKER」 感想

分割3クールの2クール目までが終了しましたが、 残り1クールで描き切れるんですかね。 スタッフが頑張っているのは分かりますが、圧倒的に 尺が足りなさすぎる! 面白いだけに残念です。 白面の胎動は妖の災害を引き起こし、それを取り巻く人間らにも 大きな影響を及ぼしていた。 そんなHAMMR機関内で目覚めてしまった白面の体組織の猛攻に 大ピンチの潮。 そこに駆けつけたのは捕獲...

ひえんきゃく | 2015/12/29 01:13