ダイヤのA -SECOND_SEASON- 第37話「優先順位」感想 - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

ダイヤのA -SECOND_SEASON- 第37話「優先順位」感想 




座らない落合がいい。
……まあ結局座るんだけどね。

轟を敬遠論には同意。




以下ネタバレあり


第37話「優先順位」 感想

あらすじ(公式サイトより
轟監督は3回裏、早くもエース真田を投入。ピッチャー天久を警戒する。そして6回表、雷市の打順に、薬師ベンチの期待が高まる。自分ならどう雷市を押さえ込むか――、スタンドの沢村も固唾を呑んで試合を見守る。




■真田登場
早めの登場。
流れを読んでの系統。

2シームを使ってましたね。
本番で使ったのは多分初めて。
気が強いから投げられる。



■天久の回想
ダイヤのAお得意のパターン。
負けるチームに多いパターンでもある。
……ぶっちゃけ勝って欲しくもないけどw

好感持てないもんなー、天久ボーイは。
試合前の態度も悪かったし。敗戦投手にNDKは無い。



■総評
落合とボス(片岡監督)のやり取りが印象的。
トゲがあるのは落合。これには礼ちゃんもどっしらけか。

ブレないボスの発言で締めたけど、落合の言うことも当たってると思うんですよね。
打者が9人でまわってると考えるなら強打者を敬遠ってのはいい考えだと思う。
まして部活。観客を楽しませる理由もない。


薬師の方が少し良い空気だったかな。
轟監督(ウィキペディアではない)と真田のやり取りは、後に続く空気感。
回想から逆算すると真田が決める流れだ。


三島も頑張ってましたね。




<キャスト>
沢村栄純:逢坂良太
降谷暁:島﨑信長
御幸一也:櫻井孝宏
小湊春市:花江夏樹
結城哲也:細谷佳正
倉持洋一:浅沼晋太郎
伊佐敷純:小野友樹
川上憲史:下野紘

片岡鉄心:東地宏樹
高島礼:内山夕実



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: ダイヤのA_-SECOND_SEASON-

Thread: ダイヤのA

Janre: アニメ・コミック

Tag: ダイヤのA  SECOND_SEASON  アニメ  感想  逢坂良太  島崎信長  下野紘 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5791-b20a134c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)