掟上今日子の備忘録 第5話の感想 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

掟上今日子の備忘録 第5話の感想 




今日子さんに少しずつ食い込んでますね。
記憶は無くなっても、周囲の人間が今日子を知り続ければその日の日常は変わっていく――そんな感じ。

カセットテープのデータ保存量は活用次第ではとんでもないそうです。
普通に今でも使えるとか使えないとか?




以下ネタバレあり。


掟上今日子の備忘録 第5話の感想

厄介(岡田将生)は編集者の重信(神保悟志)から、今日子(新垣結衣)と共に、人気推理作家・須永昼兵衛が開催する“須永フェスタ”に参加しないかと持ちかけられる。
須永フェスタとは、須永が書きあげた新作原稿を自らの手でどこかに隠し、ヒントを元に編集者たちが探し出すというイベント。次の日曜日に軽井沢の須永の別荘で開かれるという。今日子は須永の大ファンで、絶対に参加すると大喜び。

――公式サイトより。




須永フェスタ

作家の遊び心が具現化した形。
今日子さんのような人がいて良かったですね。
じゃなかったら永遠に謎のままだったかも?

作家先生の家でミステリーってのは割りと王道で、海外のドラマや映画でも昔は結構ありましたよね。
部屋に仕掛けがあることもしばしば。



今日子さんの気遣い


これね、厄介が最初の頃と比べて変化があるんですよね。
そこが今日子の対応に繋がったと思う。
最初の頃の厄介だったら(厄介の嘘に)今日子さんはプンスコしてたと思う。



総評



今日子にスポットが当たり過ぎてるかな?
終盤で今日子の設定が明るみに出るのはいいんだけど、現時点ではミステリアス要素が多いほうが好み。


カセットテープのくだりは少し新しかった。
起動の方法を知っている人間がいるのでは出来過ぎだけど、現代なら簡単に調べられるのでどちらにせよ支障はなかったでしょう。
欲を言うなら、知識よりも知恵で溶かせるギミックの方が良かったけど。


厄介からすれば、今日子を楽しませるのは自己満足以外の何者でもないんだけど、それでもその感性は悪くないですね。
そこに気付いたから、厄介の嘘に気づかないフリをしたのかもね。
本当の気遣いというのは、自己主張しないものなのだ。




原作:西尾維新

<キャスト>
掟上今日子:新垣結衣
隠舘厄介:岡田将生
也川塗:有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
幕間まくる:内田理央
絆井法郎:及川光博




Category: ドラマ 掟上今日子の備忘録

Thread: 掟上今日子の備忘録

Janre: テレビ・ラジオ

Tag: 掟上今日子の備忘録  感想  西尾維新  新垣結衣  岡田将生  及川光博 
tb 3 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5687-6e71cd71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

掟上今日子の備忘録 #05

『忘却探偵が秋の絶景小旅行…軽井沢でライバル刑事と推理合戦』

ぐ~たらにっき | 2015/11/08 02:22

ドラマ版掟上今日子の備忘録 第5話

ドラマ版掟上今日子の備忘録 第5話 ≪あらすじ≫ 厄介(岡田将生)は編集者の重信(神保悟志)から、今日子(新垣結衣)と共に、人気推理作家・須永昼兵衛が開催する“須永フェスタ”に参加しないかと持ちかけられる。 須永フェスタとは、須永が書きあげた新作原稿を自らの手でどこかに隠し、ヒントを元に編集者たちが探し出すというイベント。次の日曜日に軽井沢の須永の別荘で開かれるという。今日子は須...

刹那的虹色世界 | 2015/11/08 09:16

掟上今日子の備忘録「忘却探偵が秋の絶景小旅行…軽井沢でライバル刑事と推理合戦」

今回は、いちだんとヒロイン、今日子(新垣結衣)が可愛く、オハナシも味わい深かったですね。 人気推理作家・須永昼兵衛は、今日子も大ファンの作家。その特別イベント、“須永フェスタ”(須永が書きあげた新作原稿を自らの手でどこかに隠し、ヒントを元に編集者たちが探し出すというイベント)に参加できることになったので、大喜びで、忘れないよう、足にマジック! 朝、その文字を読んで再び感動です。 ...

のほほん便り | 2015/11/08 09:22