うしおととら 第拾九話の感想 時逆登場、いざ過去へ - こう観やがってます
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

ブログは引っ越したかもしれないよ


引っ越し先はこちら

最近の記事

うしおととら 第拾九話の感想 時逆登場、いざ過去へ 





「やったね、おじさん!」

フラグにしか聞こえない。
チート妖怪『時逆』、真由子にそっくりな『ジエメイ』など、なかなかに駆け足気味。
『白面の者』も登場。眼力が凄い!




以下ネタバレあります。


うしおととら 第拾九話「時逆の妖」 感想


自我を取り戻した潮は獣の槍の導きでカムイコタンの洞の中へ――。だが酷使し続けたその体は既にボロボロになっていた。そんな潮を見かねたとらは潮と共に洞の中に行くことを決意する。
常闇の先で待ち受けていた巨大なお堂の中へと足を進めた潮ととらが見たものとは――!?
そして、そこへ突如現れた時間の紐を過去へと手繰る妖「時逆」が潮たちをとある場所へいざなうという。そう、獣の槍がつくられた時、場所へと――…





時逆


割りとSF。
というか演出がSFでしたね、完全に。

能力的にはチートだが……はてさて。
声はクリリンっぽかったですね。



遊び方を変えよう!


白面の者が登場。
タイトルは「時逆の妖」なんだけど、目立っていたのは白面の者のような気もする。
強いけど人心掌握で愉しみたい性格かもしれない。

わざわざ行いを語ってくれるあたり、視聴者には優しい。



総評



展開が早いからか、時間が経つのが早い。
視聴者視点的な意味で。


2200年前へあっさり行けるあたり、時逆の凄さが伺えるが、ラスボスであろう白面の者が登場して印象が薄れてしまいましたな。
落っことされたところにジエメイというのは運命なのか、狙って落とされたのか。
とりあえずジエメイ含めた家族からは不幸のオーラが半端ない。不幸というか、不運というか。


戦闘や戦闘前に女性がやられるシーンはなかなかにリアルだった。
迫るものがある。
くだらぬ兵では絶対に勝てない――そういう恐怖感がある。


お兄ちゃんが「女の髪が必要」なことを父よりも先に母に話していた事に違和感が覚えたが、多分ストーリーには関係ないのだろう。




<スタッフ>
原作:藤田和日郎(週刊少年サンデー)
監督:西村 聡

<キャスト>
蒼月潮:畠中祐
とら:小山力也
中村麻子:小松未可子
井上真由子:安野希世乃
蒼月紫暮:藤原啓治
羽生礼子:牧野由依
ヒョウ:浪川大輔
間崎賢一:中村悠一
檜山勇:豊崎愛生
厚沢:てらそままさき
かがり:清水理沙
雷信:三木眞一郎
十郎:梶裕貴
鷹取小夜:南里侑香
オマモリサマ:茅野愛衣
日崎御角:折笠富美子
蒼月須磨子:坂本真綾
関守日輪:水樹奈々
秋葉流:細谷佳正
杜綱悟:逢坂良太
杜綱純:高垣彩陽
イズナ:永澤菜教
ジエメイ:花澤香菜
ギリョウ:宮野真守
キリオ:潘めぐみ
一鬼(ひとつき):江川央生
河童:うえだゆうじ

山ン本:古川登志夫



アニメランキング
にほんブログ村 アニメブログへ 



Category: 2015年7月 うしおととら

Thread: アニメ

Janre: アニメ・コミック

Tag: うしおととら  アニメ  感想  藤田和日郎  畠中祐  小山力也  小松未可子  安野希世乃  藤原啓治  南里侑香 
tb 4 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5685-79d4b010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今頃気付くんじゃねえよ/うしおととら19話感想

 ローソンの新黄金チキンを食べてみる。なんかサクサクというより油ベタベタな感じが強いなあ……外れを引いたのか年なのか?

Wisp-Blog | 2015/11/07 13:22

うしおととら TokyoMX(11/06)#19

第拾九話 時逆の妖 とらと洞を歩くと祠に到着する。 白面の者の一部が祀ってあり凄まじい妖気を放っていた。 全てを教えてやろうと時逆の妖かしが現れる。 その槍が作られた時作られた場所に送ってやろう。 かつて、この国で人間と化物が力を合わせて白面の者を撃退した。 闘争した祭に飛び散った欠片は妖かしが処分した。 しかし獣の槍が見つからない、一番大きな欠片は槍の真偽を確認するために残しましょう...

ぬる~くまったりとII | 2015/11/07 16:40

うしおととら 第19話 「時逆の妖」 感想

白面の者が出てくると話が引き締まりますね。 面白かったですよ。 ただ潮とジエメイの家族との交流をカットしたのが惜しいですが 尺的に仕方ないですね。 自我を取り戻した潮は獣の槍の導きでカムイコタンの洞の中へ――。 だが酷使し続けたその体は既にボロボロになっていた。 そんな潮を見かねたとらは潮と共に洞の中に行くことを決意する。 常闇の先で待ち受けていた巨大なお堂の中へと足を進め...

ひえんきゃく | 2015/11/10 00:43

うしおととら 第拾九話「時逆の妖」

評価 ★★ また髪の話してる              

パンがなければイナゴを食べればいいじゃない | 2015/11/12 18:23