実は私は 第13話「一緒に帰ろう!」(終) アニメ感想 - こう観やがってます
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

実は私は 第13話「一緒に帰ろう!」(終) アニメ感想 

いざ白神家へ。
おとんは、なかなか可愛い性格してましたね。
見た目はでっかいけど。


以下ネタバレあり。


単行本とか



<スタッフ>
原作 - 増田英二(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督 - 山本靖貴

<キャスト>
黒峰朝陽:花江夏樹
白神葉子:芹澤優
朱美みかん:上田麗奈
フクちゃん:しもがまちあき
藍澤渚:水瀬いのり
紅本茜:M・A・O
紫々戸獅穂 / 獅狼:内田彩 / 宮健一





実は私は 第13話「一緒に帰ろう!」(終) アニメ感想


源二郎くんの身長は約4メートル50センチです。
家での生活が大変そうですね。




独身の新車


悪魔との取り引きで紅本先生の新車は鉄の塊に。
せっかくありとあらゆるビールを犠牲にしたのに。
どうでもいいけど自動車ごと飛ばす意味ってあったの?


源二郎くんと桐子さん


白神を連れ去ったのは源二郎くんことおとんでした。
力は有るんだけど、多分アホだな。
娘がアレだし。

桐子さんには頭が上がらないらしい。
実際怖い。


総評


娘ラブなおとんに助けられた形。
まあ源二郎のせいで起きた問題ではありますが。
それにしたって、『にんにくパウダー入りボール』はヒドいけどな。

ヒドいといえば金槌もヒドい。
ホームセンターのやつだろ、あれw


最終回らしい要素もありましたが、ちょっと中途半端なところで終わった感じもしますね。
原作は続いているのだからしょうがないけど。
みかんの扱いとか、ちょっと惜しかった。あれはあれで可愛い部分もあるんだけどな。




にほんブログ村 アニメブログへ 
ランキング用バナー



Category: 2015年7月 実は私は

Thread: 実は私は

Janre: アニメ・コミック

Tag: 実は私は  アニメ  感想  花江夏樹  芹澤優 
tb 3 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5584-5b735a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

実は私は テレ東(9/28)#13終

最終回 第13話 一緒に帰ろう! 巨大コウモリに屋上から連れ去られた白神。救出に紅本先生の新車で渚、獅穂と向かう朝陽。茜校長も同乗していたので、魔力でひとっ飛び。 白神邸に到着、先に身勝手な振る舞いを謝罪する渚。罪滅ぼしに白神救出に助成してくれる。屋敷内に侵入するが父親に発見される。巨大な父親に驚く朝陽と渚。獅穂は幼馴染なだけに知っている。白神葉子本人も現れる。 実は母親が風邪気味で呼び戻さ...

ぬる~くまったりと | 2015/09/29 14:57

実は私は #13 最終回

『一緒に帰ろう!』

ぐ~たらにっき | 2015/09/29 20:38

代償ってことで/実は私は13話感想

 これにて夏アニメは終了。明日は秋アニメの視聴予定リストを更新予定です。

Wisp-Blog | 2015/09/29 23:24