映画『アンフェア the answer』 レビュー - こう観やがってます
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

こう観やがってます

 ここは感想サイトです。アニメ、漫画、ラノベ等、ジャンル問わず気に入ったものはてきとーに書いてます。過度な期待はしないでください。

 

最近の記事

映画『アンフェア the answer』 レビュー 

2011年の日本の映画。
『アンフェア the movie』の続編。
序盤から中盤、中盤からクライマックスまでかなり緩やかなペースの映画でした。





監督 佐藤嗣麻子
脚本 佐藤嗣麻子
原作 秦建日子


出演者
篠原涼子
佐藤浩市
山田孝之
阿部サダヲ
加藤雅也
吹越満
大森南朋
寺島進
香川照之





映画『アンフェア the answer』 レビュー


視聴中に寝てはいないけど、目をつぶっている時間はそれなりに。
ドラマCDでも良かったかも……という内容でした。




裏切り


おそらく今回のテーマ。
ただし今回裏切ったように見える人でも実は味方というケースがあります。
裏切りの裏切りだから結局味方――みたいな?

一条(佐藤浩市)も結局は味方になりそう――という空気を残しつつ終わりました。
三上も同様ですね。



結城脩


ネイルガン事件は犯人が少しオールドタイプのサイコパスでした。
倒せるチャンスは何度もあったけど、雪平は逃げることを選択するシーンが多かった。
結果逃げきれず倒されるが、取引で見逃してもらえる。

異常性の表現が異様に古くて、昔の洋画に出てくる悪役のようでした。
ただ武器がネイルガンっていうのは新しかったかも。
彼の心理を読み取る探偵役がいれば良かったなーと思います。どういったトラウマがあって、どれぐらい優秀で、どれぐらい無能なのか、イマイチよく分からなかった。バックボーンはしっかりしていたようなんですけどね。


総評


村上のカリスマ性が足りない
ただ中盤の彼の扱いの悪さが終盤で生きたのは良かった。

ネイルガン事件の犯人も少ししょぼく描かれた感じがして、障害となる相手の魅力が全体的に欠けていた気がします。
でも一条は良かったですね。
斉木並に良いキャラクターだった。このペースなら斉木と似た役で終わるでしょう。


話の方は総じてスローペースで、テンポが良くない作品でした。
この辺は前作同様ですね。謎をもったいぶる理由が分からないわ。
ラスト10分見れば良かったかもと半ば本気で思った。

誰が裏切り者か知った上で視聴するのは面白いかもしれないけど。






Category: 映画

Tag: 映画  アンフェア  the  answer  レビュー  篠原涼子  佐藤浩市 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://seeing04.blog39.fc2.com/tb.php/5549-9b14e1e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)